風邪の季節と身体

2011/10/06 Thu

北半球では寒さを感じるようになりました。

街では衣替え、
商店には栗、柿、葡萄と多種類の果物が並び始めました。

また、いよいよ風邪の季節にもなりました。

以前は私の休暇簿は風邪のための発熱で埋められていました。

本当に年中風邪を引いて休んでいたのです。


風邪の発病理論と治療法を知っているのに…
これではまるで「論語読みの論語知らず」です。(笑う)


しかし、ここ10年ほどですが、不思議なことに、
殆ど風邪を引かなくなってきました。

今、考えてみても、何年も風邪で床に着いていません。

それは鍼灸治療を受けるようになってからです。


流行性感冒を風邪又は寒邪とも書きます。

これは東洋医学では外邪という邪の風の邪や寒さの邪が
身体表面に侵入してきたと考えるのです。


では誰でも平等に侵入するのでしょうか?



それは違います。

皆さんの経験から、
気が張っている時は風邪を引かないでしょう。

家族全員が風邪を引いても、
お母さんだけが元気で看病や家事をされています。

全員の風邪が治ってから、次はお母さんが倒れます。

この様な事は時折起きているのです。

これはお母さんが細菌の感受性が無いからではありません

家族の為に気を張っているのです。



でも、これを続けていると、本当に身体を壊します

または、お父さんも大切な仕事中は頑張りますが、
仕事がある程度片付いてしまうと、風邪で寝込んだりします。



これって、何でしょうか?

古典には「内傷なくして、外感なし」とあります。


この内傷とは内因の過度の感情が身体の気血(免疫力)を弱らせます。

この内因が原因で身体の免疫力が落ちます。

すると、弱くなった身体には、
外からの邪は身体に侵入してこないと言うのです。



身体の内部を整える事が、
病気に罹患しない最良の方法なのです。

普段から、体調には気を付けなければなりません。

よって内因は怖いです。


癌に対する免疫細胞のNK細胞も、
ストレスに疲れたときは細胞の数を減らすそうです。


年齢が高くなると特に無理しない事です。

外を散歩して、良い音楽を聞いて、あっさりした物を食べて、
奉仕活動をする事で心身ともに充実させる事です。
スポンサーサイト

再開挨拶

2011/10/03 Mon

好感堂亭主よりのお詫びの挨拶

1ヶ月に渡り、長い間ブログが中断いたしました。

心配された方々にも申し訳ありませんでした。

こちらの事情でブログが進められませんでした。

ご心配をお掛けして大変に申し訳ありませんでした。

問題は全て解決致しましたので、
今後は、この様な事は起きないと思っております。

今後ともご愛読を宜しくお願い致します。



当分の間は私の趣味である、
魏志倭人伝の旅日記を続けさせてもらいます。

その後はどのように進めて行くかは考えて行きたいと思います。

今考えていますのは、

師匠小寺敏子先生の語録をまとめたい事や、
現在、好漢医学林の勉強会で進めています
胃経の紹介をしようとも思っております。


途中になっております大腸経は
何時か機会が有りましたら書き足したいと思っております。


最近、突然に気温が下がり、
長野や北海道では山には雪が降ったそうですね。

季節の変わり目は身体には大変な負担を与えます。

四季節の変わり目の18日間は土用といわれます。

この土用に脾が働くのです。

この土用の期間に次の季節の準備を致します。

この時、脾(消化器系)が確りしていないと、
次の季節に色々な病が発病するそうです。

寒くなる前に、皆さん内臓を労わって下さい。

湯冷めの防止

2010/12/14 Tue

「湯冷め」しないコツがあります。

普通は水を被ると言いますが、これは危険です。

前回の虚実論(9)のコメント欄に書きましたが、

未だ皮下に溜まっている水分を

(これから発汗しようとする水分)

冷たい水を掛けることで、皮下に閉じ込めてしまします。

これが浮腫みとなり、膠原組織に溜り、

女性では膠原病に結びつく事にもなりません。

足先にだけに水を掛けるのです。

これがコツなのです。

これならば危険はありません。

後からも身体の温かさが違ってきます。

人のどの部分を温めたいかによって

鍼灸の治療法が変わりますが、

身体の内部を温めたい時は手足が温まります。

これが手足を強制的に外部から温めると良いと思い

30分以上行えば暖まってきますが、

短時間だと返って身体が後からグングン冷えてきます。

また治療ベッドにヒーター敷き背中を温めると

これが体表に気血を集めてしまい、

折角治療で内部に導いた気血を

外に出してしまします。

背中が温かくて気持が良いのですが、

後から冷えてきて、最悪の結果になります。

よって鍼灸は手足を中心に施術を行います。

これを背中や肩、首を行えば、

気血が体表に集まります。

発汗させる時はこれで良いのですが、

発汗すれば、身体は後から冷えてきます。

背中に施術を行うのは、気血を外に集めて、

治療院を出るまでは元気が出る気分を

味わえればいいのならば、

背中に肩に首に治療を施せば良いのです。

施術して治療室に居る間は元気ですが、

家に帰ると、疲れが出てきます。

気血や精気が充実している人は大丈夫ですが

気血が弱い人は・・・悲劇です。

そのまま疲れ果てる事に成ります。

しかも、段々と体力も消耗されて行きます。


追加:

サウナの後の水風呂は気持ちが良いですね。

これはサウナで異常発汗していて、

汗を出し切っているので、

汗が身体には残っていないと思いますから

これは良いのかも知れません。

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR