脾の臓腑後編

2011/10/13 Thu

4. 同じ土で中焦を司り、栄を吸収する脾と胃の違い。 

脾は湿邪を受けやすく、乾燥を好み、湿を嫌うとされる。 

胃は熱邪を受けやすく、潤を好み燥を嫌うとされる。 

(井案)
 脾は乾燥に強いのですが、湿気には弱いのです。 

特に下からジワジワと来る湿邪は下腿に浮腫と言う形で現れ、
全身の関節に波及致します。

脾は肌肉を司ります。

これは皮下組織の領域の働きを支配しています。 

脾の力が弱くなるとこの皮下組織の水分排泄力が弱くなります。

よって水が停滞してしまいます。

だから下腿の浮腫を診ると、
脾の力が弱くなったという見方があるのです。 

胃は陽腑なので、熱を受けやすいのです。

よって胃は潤(うるおい)を好み燥を嫌うとされています。

これは胃が熱で体液を消耗するので潤を好むわけです。

また胃は熱を受けやすい為に乾燥を嫌うのです。 

その為に熱邪を受けて胃熱証となります。

その胃熱を他の臓腑に伝えます。

その為に精神病や便秘などが起こることになります。

この時に湯液では調胃承気湯などを使用いたします。 

また胃の熱で食欲の亢進が起きます。

これを消穀善飢(しょうこくぜんき)と言います。

その他、顔面痛(三叉神経痛)や歯茎特に上歯の歯茎が腫れ痛みます。



5. 脾は血を作り出し、血を統制する。 

脾は水穀から精気を吸収して血を作り出します。

そしてその血を統制するのです。

血が不足すると血虚証となり、顔色は黒く、
唇は荒れ、四肢の痺れ感等が起こるのです。

更に進めば脾陰虚証になり食欲不振から無力感、食後の膨満感
陰虚証による虚熱で手足が火照り、微熱が続きます。

これが熱病と間違えられて、解熱剤などで益々悪化してゆきます。

また血が多くなると肝に貯蔵出来なくなり瘀血となって、
随所に停滞したり出血が起ったりいたします。 

これが鼻血、歯茎の出血、血便、血尿、月経過多が現れます。



(以前に出した質問の回答)

質問10 漢方での病気の一つに気の停滞があります。 
皆さんは、この気の停滞をどの様にして解消されていますか。 
若しくは、気分が落ち込んでいる時に皆さんはどの様にして、
そんな自分から脱出されますか。 


(今回は、色々な人の意見を載せました)

 1人目 これは 簡単です?! 
「気は長く 心は丸く 腹立てず 人は大きく 己は小さく」 
=大徳寺 内大仙院
 一方 私は気を遣わず 気を抜いて 気分のよくなるようなことを する。

つまり 我侭三昧に 生きれば宜しいのです なぁんちゃって。 


 2人目 気分が落ち込んでいる時と一緒で、
体操や呼吸法で循環を良くします。 


 3人目 気の通りをよくするために 鍼治療を受ければよいけれど、
その治療をしてくれる機会がない場合はどうしているかといいますと、
私は、「冷やさないこと。」で「体を温めること。」

で気の停滞を解消するようにしています。

1番日常的なことは「風呂」 シャワーではなく、
浴槽に体を沈めることです。

小さめの浴槽でも、後ろに寄りかかるようにして、
全身の力を抜くようにすると肩や手、
腰周りが浮かんでくるような間隔になります。 

「着るもの。」には 特に肌着には気をつかいます。 

今は、軽くて暖かい素材のものが各種出回っていますので、
重ね着をしても着膨れて動きにくくなることはありませんね。 

夏でも肌着はかかせません。 冷房での冷え対策です。 

それから、マッサージです。 顔にクリームなどを塗る時に、
軽擦だけではなく顔面の経穴を軽くしあつします。 

体は、特に胃の調子を崩しやすく、
気戸や庫房あたりが自分でふれても痛いとかんじるほど反応しています。 

中心から外へと、軽擦しています。 


 4人目 うーん、 そういう特技があったら私にも教えてもらいたいです。 

成り行きに任せて時間が解決してくれるのでしょうか。 

もしくは、人と話をすることくらいでしょうか。 


 5人目 まっいいっか! を10回ほど繰り返すと、
本当にまっいいっか!と思えてくるそうです。 (笑う)


 6人目 体操をしたり、呼吸法をしたりしています。 

時間があれば、見川先生(那須の精神科医)のように
布団に丸まって寝たいなあと思います。 


 (井案) 見川先生は神棚を作って手を合わせていました。 

物事に感謝する事が必要だとも言っていました。 

私もやってみるかな。 



 7人目 ケーナを吹きまくるのですが、
笑顔が良いとあるのでやってみます。

(井案)ケーナは南米の縦笛です。

コンドルが飛んでいる曲が有名です。

高音が出せます。この高音は人の気持ちを、
和らげる働きがあるそうです。 



 8人目 1番いいのは、落ち込む原因から、
遠く離れてしまえば良いけれど、
いつもそう言う訳には行きません。 

落ち込みの軽いうちに、「歌う」 カラオケでなくても、
好きな歌を歌い、踊りまくります。 

音楽にあわせて、体を動かすと いい感じ。 

例えば「宇宙戦艦ヤマト」や「虹と雪のバラード」など、
大声で歌った方がよさそうな曲を選びます。 

今気に入っているのは、「おしりかじり虫」です。 

これは、歌詞を聞いているとニッコリしてくるからいい感じです。 

それでもダメな時は、「寝る。」布団をかぶって、眠たくなくても寝ます。 

他に、ガイドヘルパーさんと出かけた時、世間話をしている時に、
気持ちが明るくなる話しが出てくることがあります。 

適度に親しい人との会話も、落ち込みから解放される方法でないでしょうか。 



 9人目 自分が不幸だな~と考えるようになると、
今まで褒められた事や運が良かったことを色々思い出す事で、
自分はラッキーな人間だと思うようにいたします。


(井案)これ良いですね、
少し違いますが、以前に今日の良い事だけを日記に書くと聞いた事があります。


 10人目 まあーいいか。 と気を取り直します。 

校正が間違ってないかと、悩んでも、
直ぐに「まあーいいか!」です。 ウフフ…イノ 

 
(井が案ずるには)

お釈迦様のお言葉に「心は自在に転ずる」とあります。 

この意味は、自分の心が意識に引っ張っている事だそうです。

 自分の考え一つで良くなったり、悔やんだりするのです。

 物事は良く考えれば良くなるし。 

悪く考えれば悪くなって行きます。 

 漢方的に言いますと、気が不足して、
気の作用が低下すると、気虚証に成って行きます。

気虚証は身体に力が入りません。 

気は陽ですから、気虚証が進めば外寒が起こります。 

(これは後で解説します)

これでは身体を暖める力がありません。 

さらに進むと陽虚証になります。

陽虚証は更に表虚が酷くなり段々と身体は冷えきって行きます。

ここまで行くといくら恒温動物の人間でも落ち込んで行きます。

これを治療するには肺、腎、脾の3経の経絡を使います。

 (この方法も後で解説します)

これを防止するには諸気を司る肺を治療するのです。

肺が虚せば少気(呼吸量の減少)が起きます。

酸素が入らなければ身体は燃えません。

身体は段々と冷えて行きます。

よって初期の肺経の治療で防止する事が出来るのです。

東洋医学は未病治である事を思い出して下さい。 

以上で福岡に送った原稿が終わります。
スポンサーサイト

古代の脾臓について

2011/10/12 Wed

先日、福岡に送っていたメルマガを無事に送れました。

この時、前に出した脾臓のメルマガを読み直したら、
色々と追加したくなり、訂正したりしました。

今回、追加文を加えて、このブログに紹介したいと思います。

文だけで、しかも長いので2部に分けて載せたいと思います。

以下は前回に福岡センターに送ったメルマガです。



はじめに 前編(^o^)/~(^_^)/~

3月11日に起きた東日本大震災の影響で、多くの犠牲者が出て、
また日本は大混乱になりました。

私も東京の下町の0メートル地帯で、この地震に遭いました。

この揺れの長いのは尋常ではなかったです。

流石に私も表に飛び出ました。

この時は、立っているのがやっとで、
近くの公園にも行けないほど、地面が揺れていました。

家の倒壊の事よりも、堤防の決壊を心配し、また覚悟も致しました。

この地帯は海抜-3mだそうです。 

幸いにも、東京は、被害が出ませんでしたが、
東北は津波による甚大な被害に遭いました。 

この時、テレビのニュースでビックリしたのと、
痛ましい光景に目を疑いました。 

また、ラジオから流れて被災地の情景を聞いていると、
胸が痛みました。 

その後、直ぐに福島の原発事故が起きました。 

発電機が動かずに、原子炉に水が供給できない事から、
あのような大きな事故にまで発展してしまいました。 

一時でしたが、東京やその周りの府県でも計画停電やら、
生活物資の買いだめや、ガソリンの不足が起きました。 

こんな時に限って、食べるお米が少ないし、
ガソリンも入れる前でしたので、車も動かせませんでした。 

こんな時に名古屋の知り合いから
お米を送っていただいた事は嬉しかったです。

全国的に有名になった岩手県大槌町の友人(専門学校)
に先日お会いしました。

私はてっきり行方不明の人に成っていると思っていました。

本人は間一髪、裏山の墓地に辛うじて逃げたそうです。

その時に住職さんも、本堂に非難した人も
全員津波に呑まれてしまったそうです。

今も30万近い人が避難生活を送っておられます。 

私も被災地の人達に何も出来ませんが、
少しだが義援金などを送らせて貰いました。

早く復興がなされれば良いと願っております。

 
前回は西洋医学の膵臓の働きを少し紹介しました。 

今回は東洋医学の脾臓を考察したいと思います。


 東洋医学の脾臓の考察

1.脾臓は、胃の上に薄く重なっている臓器で、
胃に中の水穀の精気を吸収し上焦に送る運化作用があります。 

これが「後天の原気」の元になります。 



(井案) 脾は、胃の上にへばり付いた臓器で、
薄い事から卑という字が当てはめられました。 

現代のすい臓に当たるのではないでしょうか。 

古典の脾臓は常に運動をよくして、
胃の中で消化された水穀から精気を吸収し、
上焦(肺臓)に送る働きがあるのです。 

これを運化作用といいます。 

脾の作用が弱りますと、栄養の吸収が上手く行かなくなり、
脾気虚や陰虚証になり、食欲不振、悪心、ゲップが現れ、
体表には肌が荒れが出て来るのです。 

または消化しきれないで、弱い腸壁が、異種蛋白質を吸収してしまい、
食物性のアレルギーも出てきます。 

よって乳児の離乳食も腸の吸収が確りするまで、
1年近くは母乳で育てるのが乳児とっては良いのです。 

また先天の元気は親から授かった物ですから、
先天の質や量の問題は、我々にはどうすることも出来ませんが、
この中焦の後天の元気は生まれた後の消化吸収機能ですから、
我々にも十分に治療できます。 

よって脾臓の病変は下痢とか軟便、食後の膨満感が現れます。



2.脾は水穀の消化と吸収機能を有し、「意」を蔵します。

(井案) 素問における脾は古代の官職では倉廩の官です。

ここから、五味出るといわれます。

倉廩(そうりん)とは食料倉庫の事で、
その官職となれば、厨房の役人という役目です。 

五味とは、東洋医学では五臓の栄養素ですので、
ここで水穀の消化と吸収をしているのが分かります。 

よって消化機能を表す「意」を蔵しているとされているのです。 

この事で脾は味覚や食欲に関係します。 

消化器全般を司り、胃や小腸に命令して水穀を消化し、
栄養物を吸収してから、その残りに成った糟粕を大腸に送ります。
 

よって、脾が虚すると、消化器系の栄養吸収部門の働きが悪くなります。 

その為に味覚の異常、食欲不振、食物が腸に送られなくなり、
胃内停水、嘔吐などの症状が現れます。 

また内蔵の下垂が現れます。

これは胃下垂とかそれに連座して子宮下垂、脱腸にまで発展いたします。

更に門脈系の鬱滞等で臍付近の動悸が現われます。 

また脾虚のために表裏の胃が実となり、胃の熱が出ると、
口内炎や口唇が荒れます。 

これに精神異状をきたす事があります。 

この熱が大腸に移行すると、便秘や下痢を引き起こすのです。 

食欲と味覚は脾の運化が健全かどうかを能く現していますが、
脾に熱が有ると、口の中が甘くなり、
湿邪が有ると口の中がねばくなってきます。 


3.脾は肌肉や四肢を司り、燥を好み湿を嫌うとされる。 

(井案) 脾は肌肉や四肢を支配しています。 

四肢を働かせて筋肉の持久力を持たせます。 

特に肌肉の栄養や水分代謝を行います。 

これは脾が燥を好み湿を嫌うとされています。 

脾が弱ると特に肌肉に湿が溜り、働いている時は乾いています。 

この脾が弱くなると肌肉に影響が現われ、
痩せてきて肌にシワが現われます。

この皺は身体の中から治療しないと治りません。 

また、すぐに疲れ持久力が無くなります。 

また湿邪を受け易く、肌肉の水分代謝が滞り浮腫が起こります。 

まるで濡れた衣服を着ているように身体が重く、
全身倦怠や動きづらくなります。

特に肌肉は膠原線維と関係が深いと思われます。 

この時に、関節炎や膠原病のリュウマチにまで発展していくのです。 

特に肌肉は膠原線維と関係が深いと思われます。 

この膠原線維は結合組織のなかで最も重要な基質で
膠原細線維の大きな束からなり、
靱帯、軟骨、結合組織などです。 

その主成分はコラーゲンです。 

膠原線維は主に細胞と細胞、組織と組織の
隙間を埋める接着剤の役目をしています。 

また組織の欠損が生じると再生し、
補充する働きを担っています。 

また皮膚のたるみもコラーゲン不足が招いているが、
決してコラーゲンは皮膚から吸収いたしません。 

そこのお嬢さん、そんなにコラーゲンクリームを付けても無駄ですよ。

身体の中から治してください。 

肺経(22)経脈編の絶脈

2011/08/03 Wed

絶脈

(原文の読み下し全文)
手の太陰の気、絶すれば則ち皮毛焦がる。
太陰は気をめぐらし皮毛を温むる者なり、
故に気榮せざれば則ち皮毛焦がる。
皮毛こがれば則ち津液皮節 を去る。
津液皮節を去る者は則ち爪枯れ毛折れ、
毛折れる者は則ち毛まず死す。
丙に篤く丁に死す。火金に勝に也


(井案)

肺の気が絶した場合の事が乗っています。

ゼツするとは、絶えてしまう事です。

絶えると最後には死が待っていますが、
その前の段階から症状が出てきて、
肺の気が無くなってきた場合を想定しています。



皮毛とは

身体の表面に薄く生えている体毛のことです。

手の太陰肺経の気が絶すると
体毛が焦げたようにチリチリになります。

これは太陰肺経が体毛を温め養うものなのです。

肺の気が上手く巡らないと、
養うことが出来ないので、
体毛は焦げたようになります。


また津液である生理的体液が
皮膚の節から抜けてゆきます。

そうすると爪が枯れて体毛が折れます。

爪は皮膚の角化したものですから
肺に関係があります。

これは先ずは体毛が先に死にます。

 素問六節臓像論には
「肺の華は毛に有り、其の充は皮に有り」と言う。


これは、肺の状態が一番よく現われるのは体毛であり、
また皮膚は肺に直属する機能を持っており、
外界の気温の変化に対して
体温の調節や防衛作用を持つとされています。


例えば、犬のような
体毛の多い動物は、これがよく分かります。

風邪を引いた時は途端に身体にかけると
ブラシの通りが悪くなります。

それは毛玉が出来、
最後は途中で毛が折れたような物が出てくるわけです。

犬は自分で治そうとしますが、人は駄目ですね。

この病証の者は丙に酷くなります。

 丙はかのえで火の兄ですから肺を剋しますから、
重篤になるのです。

丁はひのとで火の弟ですから危篤から死に至るのです。

次回は証により
肺の経絡の流注の相違点を述べたいと思います。

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

肺経(21)絡脈

2011/07/25 Mon

肺経に絡脈があります。

絡とは連絡の絡で陽経大腸経に連絡と
本経とは別の流れとその軽の虚実があります。


(原文の読み下し全文)
手の太陰の別は名づけて列缺と曰う、

腕の上の分間に起こり、

太陰の経に並び、

直ちに掌中に入り散じて魚際に入る。

其の病は、実すれば則ち手の鋭掌熱し

虚すれば則ち欠去、小便遺すること数(シバシバ)す、

之を腕を去ること半寸に取る。別れて陽明に走る也。


(井案)
親指の付け根にある、母指球は、
お腹の中の冷えと熱の診断にはとても便利です。

特に子供のお腹を診断するのには欠かせません。

同じ経絡偏に以下の記載があります。

魚が青いとお腹が冷えて痛みがあります。

魚が赤いとお腹に熱がある。

魚が黒や赤と青のブチには云々とあります。


この表記は面白いです。

母指球の色で腹中の熱や寒の状態が分るのです。

この魚際(母指球)が結構身体の中の熱を知るには
手っ取り早い診断部位です。

利用して下さい。


肺経の絡脈

手の太陰肺経から別れる経絡を列缺と言います。

この経は、肺経の絡穴の列缺穴から起こります。

列缺は腕関節から肘に向かうこと約2横指にあります。

列缺=絡穴・太淵の上方1寸5分だが、
橈骨茎状突起の上方大腸経寄りに取ると良いようです。

これは便利な穴で、風邪の時などは過敏な反応を表します。

大腸経の頚部経絡と合わせて、斜角筋症候群にも用います。


この絡脈の走行は肺経と並んで母指に向かって走ります。

直ぐに掌中に入って散じ、魚際に入ります。


この魚(ぎょ)とは母指球のことで、
魚の際にありますから魚際です。


この絡脈の病が実する時は
手の掌が熱して暑くなる。

虚する時はあくびが出たり、
小便を漏らしたりします。

この様な症状の時は腕を去ること1寸半の
列缺穴を治療しなさい。

直ちに治ります。

また経脈はここから別れて陽明に行きます。

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

肺経(20)肺気虚の夜尿症

2011/07/15 Fri

(読み下し全文)
気虚せば則ち肩背痛み寒え、
少気して息するに不足す、溺色変ず。


(井案)
前回は気が有余した場合でしたが、
今回は気が虚した場合です。

前回の「小便数にして欠す
この質問は来なかったのですが、
膀胱炎は肺虚証や腎虚証のご婦人が良く罹ります。

これは以上の証で免疫力が弱くなり、
細菌が何らかで膀胱に侵入して、膀胱炎になったのでしょう。

よって虚証ですから、気の不足ではないか?と思われますが、
やはり、気有余で良いのかとも思います。

小便の頻尿には炎症が伴い、熱があります。

これは陰虚証の虚熱ではないので、
症状は気有余で良いと思います。

また、体力が落ちると、細菌に対しても弱くなります。

よって、普段から体調には気を付けないといけません。


(本文)
気虚せば、則ち肩背痛む。

(井案)
これは肺気虚と思われます。

前述の肩甲間部の痛みは肩凝りに通じるのですが、
この部の痛みや硬結は、
肺が虚しても実しても反応が出てきます。

よって硬結や圧痛があれば肺経の変動と診断できるのです。

こんな便利な診断点はありがたいです。

気管支喘息でも、アトピーでも、
膝が痛くても、腰痛でも、肺ガンでも
肺経に関係があれば、反応が出てくるのです。

そして、これを見つけると、前腕の肺経を治療すると
肩甲間部が緩むのです。

これが自律神経の反射につながっています。


(本文)
寒、少気して息するに不足ず。

(井案)
身体も冷えています。

少気とは呼吸量も減少してしまう現象です。

肺虚の患者を治療が終わると、
「肺の奥まで空気が入るようだ」
と感激される人がおられます。

これは呼吸筋の緊張が緩み呼吸が楽に成ったのです。

特に肺癌の患者さんは、
鍼の治療後に自分の身体から癌が無くなった様に呼吸も楽だ、
身体全体も気持よくなると言われます。

この言葉は我々治療家にとっては最高の褒め言葉です。

 呼吸が楽になり、
酸素を多く取り入れるようになれば、
身体の中では糖が燃えてエネルギーが作られる事で、
身体の冷えも治ります。


 また患者によっては、
こちらから呼吸の指摘をされないと気付かない人もおられます。

是非肺虚の治療が終わったら、
呼吸状態を聞くようにして下さい。

その内に自分から言うようになります。


(本文)
溺色変ず。

(井案)
この小便の色はどの様に変化するのでしょうか。

それは水分の多い小便が出てくるので、
色が薄い透明に近い小便が出ます。

これは何故なのでしょうか。

普通の呼吸では一緒に水分が多く出ているが、
少気(呼吸量の減少)しているために、
肺から水分が出きらず、
残りの水分は腎臓に負担を掛けているからです。


 また寝小便の子供は身体の冷えからか、
寝ているときに脳下垂体後葉からの
抗利尿ホルモンのバソプレッシンが出ないために、

腎臓から水分を吸収できずに、薄い尿を出し、
膀胱に多く溜まり寝小便をする事になるのです。

 老人でも夜中の小便は抗利尿ホルモンの出方が
少ないために同じ事が起きていますが、
老人は睡眠が浅いので、
膀胱に違和感を覚えてすぐに目が覚める為に
寝小便には至らないのです。

よって、寝小便の子供を叱っても治りません。

これは腎虚もしくは肺経の虚証で身体を温めれば治せます。

夜尿症の子供は抗利尿ホルモンを出すのに時間が掛かります。

これが問題なのです。

よって、家族には寝小便の有無を問うのではなく、
子供の他の体調や尿の変化を観察してもらうようにして下さい。

子供に負担を感じさせない事です。

そうすればスムーズに夜尿症は治ります。



(参考・原文)
気盛有余則 肩背痛 風寒汗出 中風 小便数欠
気虚則 肩背痛寒 少気不足息 溺色変
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR