スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(22)線維筋痛症

2012/09/13 Thu

治療法(22)線維筋痛症

はじめに
今日、私が講師をしている専門学校で
前期の臨床実習の一環で、
好きなテーマでの治療体験と発表会を開きました。


この学年は前期の半年間ですが、
経絡治療の臨床実習(実際の患者を対象に治療を行う)と
更に別の時間に経絡治療の実技と講義を行ってきました。


皆さんは真面目に黙って授業を聞いていました。

臨床実習でも経絡治療のポートも詳しく書かれて提出されています。

しかし、本当に経絡治療に興味を持っているかが分りませんでした。


今回、この発表会を聞いたのは
私にとって、実に良い経験でした。

ある程度は予想していたのですが、
目の前は真っ暗で、肩の力も抜けてしまいました。


中には東洋医学を理解している発表もあり、
講評にも力が入りましたが、
多くは局所療法だったのです。


局所療法とは、
痛い部分や緊張した筋に直接治療を施す治療法です。

これは東洋医学では標治法と言われる方法です。


経絡治療(けいらくちりょう)とは
本治法を説いていたのですが、
全くこれには興味が無く、
多くの人は局所の治療法だったのです。

(~o~) アレ~

例えば
膝の痛みは罹患した筋肉を治療する。

これは一見、理に適っているように見えますが、
何故、何故、その筋肉が罹患したのか? ・・・です。

罹患した筋肉をジクジクと鍼を刺して・・・
それでは痛みが一時的に取れても、治りません。

後日には更に罹患筋肉は緊張を増して行きます。



難病で線維筋痛症(せんいきんつうしょう)という
全身に激しい痛みが生じる病気があります。

この患者を診た時も、他では全身に鍼を打たれるそうです。
これでは耐えられません。


全身を観察すれば、部分的な治療で済むのです。


東洋医学はそのように部分的な所を見ないで、
広く全体を診るのが特徴なのですが、
どうしても、部分を見てしまうのでしょうけね~

(T_T) ナサケナイ~

東洋医学は局所や短絡的な治療法ではないのです。

もっと広い視野に立ってもらいたいのですが・・・
余り、本治法経絡治療と言うのも問題でしょうかね。



話が変わりますが、
昔、ヨーロッパで飢饉が発生していました。

この飢饉を乗り切る為に、
南アメリカからジャガイモを輸入したのです。


しかし、
ジャガイモを食べた事が無かった当時のヨーロッパ人には
新しいし食物を受け入れられませんでした。


当時の支配者はこのジャガイモを広める為にした事ですが、
これが傑作です。

イギリスの支配者はジャガイモの料理と出して
皆さんに振舞ったのです。


反対に
フランスの支配者はジャガイモ畑を柵で囲い
取ってはいけないと看板を出したそうです。


イギリスは積極的に奨励して、
フランスは禁止したのですね。


さて、さて、どちらが成功したのでしょうか?
フランスのお陰で全ヨーロッパに普及したのです。


実はこの話は裏がありまして・・・
イギリスの料理人は料理の仕方が分らなく
ジャガイモの茎を料理したのです。

これは美味しくなかったでしょうね~(笑う)
優れた物でも使い方次第ですね。
スポンサーサイト

 癌の治療(3)

2011/09/05 Mon

癌の治療と東洋医学の考え。

解決策は気血を夜の内に体内に返す事です。


例えば、

昼間は活動の為に気血は
上部や体表部に集まっています。

活動時にはストレスも掛ります。

これは活動状態だから必要な事です。


しかし、この緊張状態が続くと、
夜になっても内部に気血が戻らないのです。

内部に戻らなければ、内邪に対抗できません。

内邪とは、身体の内部で起きた異変です。


胎児の変動、癌細胞の発生、諸々の調節
これらを調節しなければ、異変が生じます。

切迫流産、癌細胞の増殖、消化器やホルモン分泌調節


よって、気血を戻す必要があるのです。

これには色々な養生法があるのですが、
ここでは基本的な考えを記して、略したいと思います。


一番重要な事は、気持ちをリラックスさせる事です。

例えば、ユックリ散歩を楽しむ。

夫婦喧嘩や子供を起こるのは駄目です。

部屋の明かりを少し落として、軽い音楽を聴く
お風呂に全身を浸かって発汗をする。

この様にして、昼間の仕事を忘れ、
気持ちを安定すれば、気血は体内に戻り、
気血は自分の仕事をいたします。



西洋医学的に説明しますと、
外部から進入してきた、自分と違うたんぱく質(細菌やビールス)
に対しては、白血球が免疫力で攻撃して駆逐いたします。


特に癌細胞は厄介です。

そもそも癌細胞は自分の細胞の遺伝子が変わって
勢いよく増殖しているのです。

よって癌細胞に対する攻撃は一般の白血球では難しいのです。

例えば、敵の軍服を見れば見分けが付きますが、
味方の皮を被ったスパイの様な者です。

このスパイを見つけるのは大変な作業です。

どこで、教育された白血球が活躍するのです。

これがNK(ナチュラル・キラー)細胞です。

このNK細胞はストレスや疲れが起きると激減するのです。

それは白血球の教育が出来なくなるからです。

だから、人は夜は休む必要があるのです。

治療をだれると緊張した脈が緩みます。

それと共に、身体全体の筋肉が緩みます。

これは気持ちもゆったりしてくるのです。

だから白血球の教育にも力を出せて、
NK細胞を増やせるのです。


我々は仕事から家に帰れば、
気持ちを切り替えてリラックスする必要があるのです。


この時間や余裕の無い人は、
寝る前に足にお灸をすると良いのです。

しかも1壮(一部位、一回)で良いのです。

これで気血は体内に戻ります。

しかもお灸は免疫系の白血球を増やします。

特にコバルト治療や抗癌剤は白血球を減少させます。

お灸や鍼の治療は減少した白血球を増加させます。

睡眠前に足に施灸してくださいね。

PHILADELPHIAのCatherine頑張って下さいね~

来年の夏、再会するのを楽しみにしています。

癌の治療(2)

2011/08/30 Tue

癌の治療と東洋医学の考え。

外部からの刺激で非常事態が発令されて、
身体の内部の気血が防衛の為に
外部の皮膚部に応援の為に移動しました。

(活動時の昼間の身体の図式)
  ↓↓外部からの刺激↓↓
体表==============体表 
気血は体表に集結して防衛している。
             気血の派遣
身体の内部(下部または深部) ↑
少しの気血しか残っていない。気血



よって内部には通常よりも減っています。

これでは内部では十分に戦えません。
無防備状態と言ってもよいのです。


普通は外部に応援に行った気血は
夜になれば、または数日すれば内部に帰ってきます


外部に集まった状態が長期になれば内部が大変なのです。


例えば
お腹が痛んでも、胸が苦しくなっても、下痢が起きても、
妊娠中のご婦人に子宮に異常が起きても、炎症が起きても、
これに対処する気血が少ないからです。


これを現代医学的に考えて見ますと、

体表の邪気に対して防衛すると為に、

気血が体表に集まる事は、

交感神経が興奮している状態です。



症状としては、発熱、炎症、痛み、免疫作用
腫脹、速脈(数脈)浮脈が現れます。

交感神経とは人が活動するための自律神経です。

活動には最適ですが、
しかし栄養や休養や免疫力の維持には弱いのです。



よってこの交換神経の緊張状態が続く事は
人の身体にとっては困るのです。

救援物資が届かない軍隊のようですね。


長期に戦う事も出来ません。


副交感神経は栄養、休養の自律神経です。

特に成長ホルモンを活発にさせます。

成長ホルモンは身体の成長だけではなく、
人が睡眠の時に身体の補修をするのです。


それは23時頃から深夜3時頃までの
睡眠時に多く分泌されるのです。

これを黄金時間帯とも言います。



昔で言うと、今の1時から3時の間で、
草木も眠る丑三つ時(うしみつどき)~
寺の鐘がゴ~ンと時を告げる。

この鐘は墓場の鬼太郎一族が撞いている。

ハハハ・・・冗談です。

少し涼しく成りましたか?

草木も眠るのです。ましてや人間も寝て下さい。



では真面目に、この成長ホルモンは
また老化防止ホルモンとも言われています。

この様に副交感神経は身体の補修や再生に重要な神経です。

では次回はこの副交感神経を活発にさせる方法は
どの様にすれば良いのかを考えます。

癌の治療(1)

2011/08/25 Thu

癌の治療と東洋医学の考え。

今回、癌の手術を受けられてアメリカに戻る人が、
今後、自分の人生で、癌に対する考えを
東洋医学から考えてみる事になりました。

私は英語を喋れないし、
彼女も日本語がまだ少ししか理解していない中で、
私の舌足らずの説明では、東洋医学の理論が分りません。

ここにその理論を何回かに分けて書くことに致しました。

初学者を対象とした説明ですから、
比喩の説明が少し飛んでいる部分もあります。

皆さんも一緒に考えてみて下さい。


東洋医学には気血という概念があります。

これは自分を守ろうとする物質です。

この物質を気血と言われています。

西洋医学では免疫に当たるのでしょうか。

この気血を多く作れば病気が治ると思われますが、
しかし、この気血はある一定の量しかありません。

例えば、体温を正常な状態で1度あげるようなものです。

これは大変な努力を要します。

よって、この気血の生産も大変なのです。

よって、この限られた自分の気血を
身体の何処に向けるかが問題になるのです。


この気血を国の軍隊に例えると分りやすいのです。

自分の軍隊が10個師団あるとします。

人の身体を外部と内部の2つに大きく分けてみます。

通常は外部(上部)に5個配置すれば、
内部(下部)には5個が残ります。

この5個で内部の保護を行っていると考えて下さい。

これが身体の外部から刺激が来ます。

この刺激は何でも良いのです。

寒い、熱い、痛い、忙しい色々な刺激です。

これらの刺激は外部からの刺激と考えて生体は行動します。

これは非常事態の発令です。

身体の内部の軍隊を防衛の為に外部に応援移動させます。

仮に、内部の3個が防衛の為に移動したとします。



(身体の図式)

  ↓外部からの刺激↓↓
体表―――――――――――体表
 8個師団が体表に集結して防衛する。

身体の内部(下部または深部)
 2個師団しか残っていない。



図式では、外部が8個になり、内部は2個になります。

これで外部からの邪気から防衛できます。

この状態が外部の充血、発熱、のぼせ、
交感神経の緊張、浮脈
の症状が現れるのです。

問題はこの非常事態が持続する事です。

では何故非常事態が続くと問題なのでしょうか?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

 蕁麻疹

2011/04/26 Tue

治療の効果があり、腰痛も少し癒えて来ました。

しかし、机に向かっていても、痛みを忘れている時がありません、

まだ無理ですね。動かすと激痛が走ります。

早く今度の土曜日の治療を楽しみにしています。

突然ですが、蕁麻疹の発生について書きます。

蕁麻疹はよく食べ物によるものが多いと言われています。

しかし、発生は食べ物だけではありません。

直接に皮膚を刺激しても、発生いたします。

また、化学物質や外用薬や昆虫に触れても出る人がいます。

精神的な面や日光の紫外線、温度の変化、

自分の汗にも反応する事もあります。

だから、蕁麻疹の発生は人により、あらゆる物が原因です。

では、これらを全部除去するのか、無理です。

多くの人が蕁麻疹に苦しまれている方が居られます。

では何故、皮膚に現れるのかを漢方的に解説します。

蕁麻疹は水分の処理に掛かっています。

臓腑には作用する組織の部位があります。

人体の断面 体表
------------------
皮膚(肺の支配)
ーーーーーーーーーーー
肌肉(脾の支配)

ーーーーーーーーーーー
血管(心の支配)
ーーーーーーーーーーー

筋(肝の支配)
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
       骨(腎の支配)
ーーーーーーーーーー
(皮膚断面図のつもりです)(WW…)

肺は皮膚に働きます。

脾は肌肉(皮下組織)に働きます。

肝は筋に働きます。

腎は骨に働きます。

この蔵がこの組織の水分の処理もしているのです。

一般的には浮腫は腎臓の機能減退で起きるのではなく、

脾の機能減退で肌肉(皮下組織)に水を溜めているのです。

肌肉の水分を血管に入れてあげれば、

正常な腎臓が血管内の水分を処理いたします。

蕁麻疹は皮膚に水を溜めているからです。

この皮膚の水を処理する力があれば、解決します。

または、肺は呼吸による、水分の処理も入ります。

利尿すれば良いのではありません。

特に利尿剤は危険です。正常な腎臓のオーバーヒートです。

利尿剤は正常な腎臓に負担を掛ける事になるのです。

血管に水さえ入れてあげれば、正常な腎臓が自然に利尿致します。

しかし、肺の力も弱って水の処理ができません。

ステロイドなどで皮膚の機能は減退しています。

師匠の話では、以前は肺虚証で簡単に治ったのですが、

今は複雑で、多くは腎虚証にまで

進んで来ていると言われていました。

確かに、腎虚証の患者さんが多いですね。

でも、腎虚証でも皮膚を強めるのに肺経を使います。

肺経を強めるには、前腕の軽い治療で十分です。

または、軽いマッサージで経絡を流しても、

時間は掛かりますが、

気功で肺経を流すイメージも、運動でも良いと思います。

注意する事は、水分の摂取を制限する事です。

人は水分の摂取を制限(少なくする)と

自然に 身体に水を溜めようとする 働きが起こります。

これは、脱水症状は身体に危険だからです。

よって、水分の摂取を制限する事は止めて下さい。危険です。

次回は、

その肺経の流れの説明と

次に治療点を解説したいと思います。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。