FC2ブログ

夏はお腹を温める必要性

2010/06/27 Sun

夏のお腹の冷えを治す方法です。

夏の病の多くはお腹の中の「冷え」が原因になります。
治療はお腹の中を温める事が必要です。

夏の気候は暑いので、気血が表面に集まり、
お腹の中は気血がカラッポ状態です。
これが、漢方では脈が浮いた浮脈と言います。

この治療法は気血を、お腹の中に戻してあげれば良いのです。
すると、足先にも気血が廻ります。

次第に足に力が入ってきます。
よって足がもつれて転んだりしません。

夏の季節に起きた。
下痢も便秘も咳も不眠も動悸も湿疹も治ります。

麦茶はお腹を温めます。
反対に煎茶は普通の濃さでは身体を冷やします。

イボ取りで有名な「はと麦」は体表の脂質を増やします。
脂質は表皮表在菌の栄養と
他の病原菌の殺菌をします。

アトピーの人にも湿疹の人にも良いはずです。
ハブ茶は身体の循環を改善してくれます。

鍼灸の治療では。
浮脈を平脈に戻す事です。

これは経絡治療で簡単に治せます。
手足の経絡にほんの軽く刺鍼するだけです。

この手足の経絡の決定は
自律神経が関与している[脈]が重要なのです。

ここで注意ですが、お腹を温めれば良いとばかりに、
大量の生姜や大横剤などを用いないで下さい。

普通に人や子供達は、少し温めればそれで十分です。
ほんの少しが重要なのです。

次回は
海水浴場でスイカ割をするのは何故かを説明します。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR