熱中症

2010/07/28 Wed

今年の夏は暑いですね

熱中症の人が亡くなっています。
しかも多くは屋内です。

夏の気候は暑いので気血も表面に集まっています。

体力の無い人は夏ばてを引き起こします。

夏ばては胃腸が弱って食べられなくなります。

これは気血が表面に集まっている夏に起こるからです。

また高熱を発する病人さんも同じです。

体温計で計って大騒ぎをしています。

これは脈が浮いていて、身体の中は冷えているのです。

これが体表の熱が下がりますと、胃腸に熱が移ります。

胃腸に熱が戻ると喉が渇きます。

すると冷たい果物や冷水を飲みたがります。

折角胃腸に戻った熱がまた体表に行きます。

するとまた熱が出るし、小水も出なくなります。

この時は冷たい物を飲んだり食べたりしてはいけません。

重病人が水を欲しがったら、特に冷たい物はいけません。

この時の水は死に水ではなく殺し水です。

アイスが欲しいだの、冷たいコーラが欲しいだの
これらを与えると身体の熱が表に出てきます。

胃腸に熱が戻って来たのに、益々悪くしているのです。

水枕や冷たいタオルを頭に乗せるのも
日本の悪い習慣です。

病人を更に長患いさせるようなものです。

スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR