スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽論6

2010/08/29 Sun

陰陽はただ分類だけではありません。

陰陽は変化を致します。

この変化が治療に結び付いて行くのです。

例えば昼間は陽中の陽ですが、

日が暮れて陰に変化してゆきます。

陰の夜ばかりは続きません。

朝になれば日は昇り陽が増えて行きます。

陽が強まれば、その分、陰が弱くなり

陰が強まれば、自然に陽が弱まるのです。

「陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実す」と言います。

これを陰陽の第二法則、陰陽の消長平衡と言います。

雨の日ばかりも続きません、必ず日が差してきます。

「待てば帰路の日和あり」も陰陽を知っている話です。

これが陰陽の象徴です。

例の巴の紋章に成っています。

病気の症状は陽経に一番多く現れます。

症状は痛みとか硬結などです。

例えば、

陽経の胆経が強くなりまと、

相対的に

陰経の肝経が弱くなります。

この肝経は症状として現れていないのです。

そこで、一般の術者は胆経を治療します。

ところが経絡治療では、

陽経の胆経が強いのは

陰経の肝経が弱いのが原因です。

よって肝経の補法を行うか、

胆経の瀉法を行うかは

術者の力量の選択に掛かってきます。

病気の原因と症状の発症は違うのです。

多くの原因は隠れています。

更に診断を1歩進めると

原因は肝経の虚ではない場合があるのです。

この部分が白猫は尾も白いのです。

これは五行論が関与いたします。

更に陰陽は変化致します。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。