FC2ブログ

経絡(1)経絡とは

2011/01/26 Wed

東洋医学では、

身体を小宇宙と自然界を大宇宙としています。

これを天人合一説と言います。

人も自然も原理が同じであると言う意味です。

自然界の地上には経脈は走っています。

皆さんは風水でご存知の方も居られますが、

今の京都に都を作ったときも、この風水が使われています。

経脈を龍の通り道や水の流れに例えられます。

それは山や平野を水が河を流れる様に、

経脈も高い所から低いところに流れます

その自然界の経脈上のパワーポイント

とでも言うような場所が経絡の経穴となるのです。

経脈発明という古典で見ますと、

(原文)

経脈発明曰 

「地有経水 以穫見山川之高下也。 

夫人者小天地也。

故有経脈焉 

有経脈而後 

以知其人之平異矣。

而其経脈也不能見於皮膚之上也。

抉膜導筵。亦不可得觀焉」


(読み下し文)

経脈発明に曰く

「地に経水有り、

以て山川之高下を見る事を穫(える)

それ人は小天地なり。

故に経脈有り、

経脈有りて、しこうして後に

以て其の人の平異を知る、

しかれども、其の経脈は、

皮膚の上に見ること能わず、

膜を抉り、筵で導けども亦観るを得るず。

(井案)

水が山河を見ると、そこには高低差があります。

そこには高い所から低い所に向って水が流れています。

これは人体を経絡が流れているのと同じ形です。

これは人体が小天池と言われるからです。

この経絡は人の健康や異常を診る事ができます。

しかしこの経絡は皮膚の上から見ても見えないし、

皮膚をめくっても現れない、または地下水でもないのです。

竹串でなぞっても現れない、静かに人知れず流れています。

これが一旦洪水になったり、渇水になったりすれば、

突然に周りに影響が出てきます。

経絡の異常が現れてくれば、病の症状が現れます

これは天人合一思想を前提に論じられているのです。

よって異常が起きてきてから治すのは時間が掛かります。

それは当たり前なのですが、

東洋医学ではこれを何と言いますか?

それは何故でしょうか?


経絡は目には見る事が出来ません。

以前は目にも見えない物は存在を証明されないことから、

科学的でないと言われてきました。

しかし近年は少し考えが変わってきました。

生涯漢方医を通した大塚敬節先生の講演の中で

「私達の一番大切な物は、何であるか」を問われています。

「それは目で見る事も、

耳で聞く事も出来ない物です」と言われました。

一体何でしょうか?

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR