五味(7)苦味

2011/05/28 Sat

良薬は口に苦し?
 孔子の言葉に
「良薬は口に苦けれども 病に利あり」とありますが。

これは本当に薬は苦かった訳ではないようです。

次に続く言葉に
「忠言は耳に逆らえども 行いに利あり」

が言いたかったのですね。

よって実際には良薬は苦くはないです。

不思議に漢方薬は自分の身体に効く薬は、美味しいのです

美味しいとまでも行かなくても、
前回の狭心症の苦い薬も発作時には、味を感じません。

また自分の体質に合った漢方薬は美味しいのです。

松島菜々子さんもお茶の宣伝ポスターで言っています。

「苦い濃いより、甘い濃い」と、
お茶の濃いと恋愛の恋を掛けていますね。

このコマーシャルを見たときは、
これは上手いーと手を打ちました。

蛍の水も人生も甘いのにこしたことはありませんね。(笑)



五行の相生・相剋関係

「火」の苦味を和らぐのには相生関係に当たるのは

「土」の甘味と、「木」の酸味です。

沖縄のゴウヤの苦味も少しの甘味か酸味を加えると
不思議と食べやすくなります。

だから少し酸っぱいドレッシングを掛けて食べると
生でもバリバリと食べられます。

(これは中部地方のある人に教わりました~)

身体に良いといわれているカカオも苦いです。

これに「土」の甘みを加えて、
チョコレートとして販売されています。

このチョコレートも身体に良いと言われていました。

相生関係1

苦味を引き立てるのは、相剋関係に当たる「水」の塩です。

これを少し入れて炒めるとゴウヤの苦味が一段と引き立ちます。

この苦味は美味しいですよ。

同じ相剋関係に当たる「金」の辛味があります。

辛味の代表の唐辛子を入れると、
これは殆ど六神丸状態です。

口から火が出る感じです。

五味(病人の好み、要求の味)素問陰陽応象大論
 代表  肝木 心火 脾土 肺金 腎水
 五味  酸サン 苦ク  甘カン 辛シン 鹹カン

スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR