スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魏志倭人伝(5)南に千里渡り 一大国へ

2011/06/29 Wed

南に千里渡り 一大国に到着

(読み下し文)
又南に一海を渡ること千余里、
名付けて瀚(かん)海と日う。
一大國に至る。
官は亦卑狗と日い、
副を卑奴母離と日う。
方三百里ばかり。竹木そう林多く、
三千許家ばかり有り。
やや田地有り、田を耕せど、なお食足らず、
亦南北に市に糴す。

注: 「瀚」(かん・ひろい)

(井案)
次の航海は、南に向けて、一つの海を千余里渡るのです

今回は 方向が南と明記されています。

良かった~これで方向が分り迷わないですね。

しかし、対馬からでは南に行くしかありません。

この海の名前を瀚海(かんかい)と言われていているのです。

瀚海とは広い海の意味が込められています。

距離的には それほど離れていないのですが、
強い動力源を持たない、古代人の船では、
外洋に出て、しかも足元は対馬渓流の速い流れがあります。

よって、大変に広い海に出たという
気持ちが含まれているのでしょうね。

現に韓国から、小船が対馬海流に流されて、
出雲ならまだ良いが、さらに北上して、
秋田や青森まで流された事件も起きています。


瀚海を千余里渡ると、そこには「一大國」があります。

この「一大國」は、今の壱岐の島にあたるのでしょう。

壱岐の島と一大国では発音では隔たりがありそうですが、
一と壱は同じで、「岐」は支となり、
これが変化して「大」になったのではと言われています。

しかし、これは大変なこじつけだと思います。

壱岐の島には、巨大な環濠集落を持っています。

ただ大きいだけではなく、多重の環濠集落で、
当時では城に匹敵しそうな規模だと思います。

よって、ここの王は、この島の支配だけではなく、
それこそ。この辺一帯の海や航海術を支配しているので、
名に恥じない、一大国家であったので、この名が妥当なのです。



また官の名前が対馬と同じ名前の卑狗と卑奴母離です。

これは、対馬国と同じ名前ですが、同じ人ではなく、
この島々の官職名ではないかと思われます。

例えば、家の家長を正兵衛で
長男を半兵衛と名乗っていたものと
同じではないでしょうか。

よって、長官が「ひく」と呼ばれ、
副官が「ひなもり」だったのです。

卑狗も卑奴母離も当時は意味の有る言葉と思います。


壱岐の島は三百里四方の広さです。

対馬国よりも少し狭いですね。

島には竹や木が群生しているそうです。

確かに今の壱岐の島は平らのようですが、
丘も坂道も多くあり、
まるで今の関東平野を思わせる形状でした。

島の広さは対馬よりも狭いのですが、平地が多いので、
三倍以上も多くの人々が暮らしています。

ここは三千余戸ではなく、三千許家と書かれています。

同じく、前記の弁韓や不彌國にも千余家となっています。

では戸と許家と単に家と どう違うのでしょうか。

戸とは戸口の意味があり、一軒だと思います。

家とは家族の意味があり、一つの家族でしょう。

許家とは許は 多いとの意味がありますから、
色々多い家柄が有ったこととなると、
多民族の町が存在していた国際都市だったのでしょう。

歴史的にも、日本の外交時の通訳者をこの壱岐から出しています。

また人口も多かったと思われます。


壱岐の島には良田もありますが、それだけでは、
多くの民を養えないので、対馬と同じく、
他の市に食料を求めていると書かれています。

よって、米の買い付けに、今の松浦市付近や韓国へと
航行する事で、優れた航海術と航海路を持っていたのでしょう。

特に一大国は多重環濠集落が特徴で、
環濠の外側ですが、外洋の船を引き込める、
大きな集落だったようです。

また島には、巨大な力を持っていた豪族の古墳が多くあります。


日本で弥生時代の遺跡として特別史跡に指定されているのは、
この原ヶ辻遺跡(壱岐)の他に、登呂遺跡(静岡県)、
吉野ヶ里遺跡(佐賀県)の3箇所だけです。

私は全部を訪れられたのは幸せでした~。

(参考・原文)
又南渡一海千余里 名曰瀚海 至一大國 
官亦曰卑狗 副曰卑奴母離 
方可三百里多竹木叢林 有三千許家 
差有田地耕田猶不足食 亦南北市糴
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。