胃病(12)完

2012/03/28 Wed

胃病(12)完

3月下旬ですが、まだ寒い日が続いていますね。

第一日曜日勉強会が4月1日にあります。

10時に好漢堂に集まって下さい。

前回から大きなテーブルが入りましたので、
十分に筆記が出来ると思います。

前回の胃経は「骭厥」の2字に
多くの意味が含まれている話でした。

今回はその続きです。

(本文)
是を骭厥(かんけつ)と為す


(井案)の続き

古典には短い言葉でも一つ一つが
結構、意味がある言葉が多いのです。


1~2回しか読んでいる人にはこの意味が伝わって来ません。

この「骭厥と為」は最重要な言葉なのです。

「骭」とは 脛(すね) のことです。

「厥」とは気の逆上の事です。


よって、前脛骨筋の部分の逆上であると書いてあります。


この言葉の意味する事は、
この下腿前面の前脛骨筋の部分の逆上を治せば、
胃の症状が改善すると考えられます。


例の弁慶の泣き所の脛骨の外側に当たります。

そこで、下腿の胃経を治療することだけで、
見事に症状は治りますが、
これは残念ながら、一時的な物が多いのです。


この胃経逆上の裏には、
胃経の逆上を引き起こしている
陰経が必ず隠れております。


表の症状(歴史)の裏には・・・陰経が有り!

(^ω^) 温故知新


この時の陰経は虚している時が多いのです。

実している経は症状が出やすいのですが、
虚している経は症状がハッキリ出ないので
難しいのです。


それを捜すのが治療家の仕事です。

闇雲に治療するのではなく、
確実に変動経絡を探さないと、
折角の治療した刺激が分散されてしまいます。


患者さんに余分な刺激を与えるだけで、
良い結果に結び付きません。


よって十分に患者さんを観察して下さい。

すると自然に分るようになります。

(^ω^) 志有る所に道あり。


例えば変動経を足の経として考えますと、
相剋関係から考察すれば腎経になりますが、
表裏関係を考えると脾経になります。

しかし症状から考えると時には
肝経になりかねないのです。


さらに手の経まで考えると・・・
それは混乱しかありません。

全身が鍼だらけになり、
これだと肝心の刺激が相殺されてしまい、
治療が成立したしません。

(^ω^) このブログ、ハリネズミでした。


よって診断は症状から証を探る事をすれば、
よほど熟練しないと誤診につながります。

だから確りとした診断をして、
根本を押さえてください。

これが我々治療家の務めだと思います。

頑張って診断の勉強をして下さい。

これで、胃病は終わります。

古典は何回も原文を読めば、
色々と見えてきます。

よって、解説文は必要が有りません。

読書百遍、 (遍は彳+扁)

而義自見

(読書百遍、意味がおのずから通じる)

百篇も読めば、意味が自然に判ってくるそうです。

これで胃経を終わります。

胃是動病完結
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR