五味(15)塩辛味

2012/04/23 Mon

五味(15)塩辛味は身体を温める。

前回では塩の摂取を少なくすると、
気力が萎えて、気持ちが沈んでしまう事

多く動く子供や、暑い地方は汗が多く出るので、
塩分の多い食事をすることでした。

しかし、寒い地方も意外に塩分の多い食事をしています。

これは不思議な事ですね。

(?_?) ヘンデスネ

食事は身体を温めます。

この発熱は食事誘発性産熱反応(特異動的作用)
と言われています。

食後3時間で熱発生が最高になるのです。

また食べた物質により、発熱が違います。

この代謝量は同じ量の物質で

蛋白質で20~40%、
糖質は6~9%、
脂質は5~14%です。


以上の数値から、
たんぱく質を摂取すれば一番暖かくなります。

反対に蛋白質が少ない食物を摂取すると、
体温が上がりにくいのが分ります。

そのとき塩を入れると、身体が温まるのです。

これは昔の東北の人の食事やロシアでも行われていました。

寒いので、汗をかかないから塩分は必要ありませんが、
身体を温めるのに塩分を多く摂取するのです。

余分な塩分は浸透圧の関係で血圧を高めます。

これが昔の東北やロシアでの脳卒中が多い理由です。

(^_^;) タイヘンダーッ

塩分の過剰摂取は身体に良くありません。

東洋医学も過剰な味の摂取は、
その臓腑を破りと書かれています。

素問の生気通天論に
「陰の五官を傷ることも五味にあり、
味、酸に過ぎれば肝気以って津あり、
脾気即ち絶す」とあります。

宣明五気編に
鹹は血に走る、血病に多く鹹を食うこと無し

塩からい物は身体を温めるので良いが、
多すぎると高血圧や血滞や於血を生ずるので
多くは食べてはいけない。

と言うことです。

この鹹(塩味)を余り接種することを
高齢者では血圧が高くなるので、
控える様に指導されています。

その為に料理が薄味になり、味気ないと感じます。

更に、禁止されると、益々食べたくなります。

そこで、
少量の塩で塩味を出す方法があります。

それは相剋関係を使います。

塩味の相剋関係の火の苦味です。

苦味を入れると、味気ない料理が
塩辛く感じますので塩の使用量を
少なくする事が出来ます。

以前の99%のナトリュウム塩を販売されていました。

これは危険です。

これに少量の苦りのマグネシウム塩を少し入れると、
塩の味が引き立ち、
塩っぱく感じるのです。

これが自然塩として販売されています。

岩塩が美味しく感じるのは、
丁度塩味と苦味がバランスよく混ざっていると言われています。


また、塩分を多く入れると味が濃くなったようで、
美味く感じるのです。
この理由は次回に述べたいと思います。

参考:
五味(病人の好み、要求の味)
代表 木 火 土 金 水
五味 酸 苦 甘 辛 鹹
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR