(18)消化器官と熱機関

2012/09/28 Fri

脾虚証(18)消化器官と熱機関

(イアン)
やっと、ヤット~ッ。

涼しく成りましたニャー

でも台風17号の進路が心配だニャー

お彼岸も過ぎてから、秋の気配がしますニャー

秋は体調も良くなり、食欲も出ますニャー

私は夏も冬も食欲は旺盛なのですが、
人により、食事が美味しく感じない人も多いのです。


食べても味気ないのも辛いですね。

これは大変なことなのですよホント
私もほんの1週間前は何か食べ物の味が変でした。


キャベツも人参もブロッコリーもです。

(+_+) アジガ…ヘンデス。

日曜日に皆さんに治療してもらい、
即、味が変わったのが、分りました。


同じ野菜が美味しいのです。

これは健康になって感じる事でした。

食事は人間にとっては非常に重要な事です。


栄養が偏っていても、
湿疹が出たり、ホルモンのバランスを崩したりと
身体は悲鳴を挙げます。


これが漢方では中焦に気血が入っていないと言われます。

(沢庵)
中焦(ちゅうしょう)て何でしょうか?

真ん中が焦げちゃうのでしょうか?


(井案)
身体は体温があるので、燃焼機関なのです。

現代医学では筋肉や肝臓が熱を作りますが、
東洋医学では三焦がこれを司ります。


三焦とは上焦と中焦と下焦の3つの事です。

この筋肉が動くためにはエネルギーである糖が必要です。

この栄養を吸収するのが中焦ですので、
中焦は真ん中の燃焼機関になるのです。


( ^)o(^ ) モエテ オリマス

これは東洋医学の脾、胃、肝、胆、小腸などが担当しております。

当に、この中心が、脾経なのです。

この脾が弱ると消化吸収作用に影響が現われます。

栄養の吸収が上手く行かなくなります。


腸内環境も整わなくなり、
未だ完全に消化しきれない異種蛋白質を吸収していまいます。


すると抗体が出来て食物性のアレルギーが出ます。


(=_=) コウゲンハ スズシイー


この事は乳児の離乳食開始も腸の吸収が確りするまで、
母乳で育てるのが乳児とっては良いのです。

腸が未発達の状態で急いで離乳食を与えるとアレルギーが発症します。


素問の霊蘭秘典論には
脾は倉廩の官、五味出るといわれています。


倉廩(そうりん)とは食料倉庫の事で、
その官職となります。


厨房の役人という役です。

五味とは東洋医学では五臓の栄養素ですので、
ここで水穀の消化と吸収をしているのが分かります。


よって消化機能を表す「意」を蔵しているとされているのです。


(*^。^*) カオモ ホコロブ

また、お腹が穀物で一杯になると幸せな気分になります。

しかし、水をいっぱい飲んでも、
この満腹の感覚は味わえません。

これは何故なのだ~ッ
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR