(2)寒さに負けて~発熱

2012/10/28 Sun

傷寒論(2)寒さに負けて~発熱

(イアン)
土曜の勉強会で経絡治療の講座が終わり、
次に何をしようかと言うことになりました。

傷寒論」が知りたいという意見が出ました。

これには私も驚きました。

(^o^) ワオーッ!

傷寒論と言えば太陽病から始まり
厥陰病の六病に分かれた湯液の理論です。

深い理論ですので、全部は出来ません。

よって、簡単にまとめて要点だけを
取り上げましょうと答えました。

今は傷寒論を懐かしく読み返しています。

(*^。^*) ウフフ・・・

太陽病の前には序文も素晴らしいし、
弁脈法も平脈法もありますニャー。

これを解説していますと、段々と長くなって行く~ワン

そこで講座に先駆けて、
この部分をブログで解説してみますので、
勉強会では省略しまから、読んでおいて下さい。

文中には谷口書店発行の大塚敬節先生
傷寒論(弁脈法・平脈法)講義を参考にしていますニャー。

(^_-)-☆ アリガトー

先ずは傷寒論の序文から紹介しますワン。

師匠が解説した事を思い出しながら述べたいと思います。

この解説を聞いた時は感激いたしました。

今日20年前の卒業生に会ってきました。

そこで貰ったお菓子が懐かしいのです。


mail萩の月
萩の月です。

これは師匠が仙台の薬剤師会の講演帰りに
お土産に買ってきてくれたお菓子です。

当時は神戸でしたから、仙台は遠かったですね~

(本文)
傷寒卒病論(しょうかんそつびょうろん)

(井案)
これは傷寒論の序文の先頭です。

傷寒論の傷寒とは寒に破られる、
又は寒に傷を付けられるという意味です。

寒邪の襲来の為に熱病になっている病気を論じています。

卒病とは卒然の卒で急性を意味している言葉で、
合わせて急性熱性病の論じた書物という事になります。


この発熱を引き起こしているのが、
寒さが原因なのです。

現在では発熱がありますと、
頭や身体を冷やすのが常識になっておりますが、
本来は寒邪の襲来で起きた熱病ですから、
この発熱は冷やしてはいけないのです。

講義の中で
寒邪に犯されているのに、何故また冷やすの?」
と師匠が言いました。

これには、我々も「なーるほど~」と唸りました。

「熱が有るのにー何故温めるの?」
と言う詰問に、説明に苦労していたからです。

だから、昔から行われている、
温めるというのが本来の治療に成って行くのです。

これが一番重要なことなのです。

以前にもこのブログで書きましたが、
風邪引きの治療は地方では独特な治療法が有ります。

多くは身体を温め、汗をかかせる事です。

これを発汗作用と言います。

これは、まだ患者に体力があり、病気の初期だけです。

体力が無い人がこの発汗は注意が必要です。

正にこの状態が傷寒論の著者である
張仲景もが江南で体験した事なのです。

三国志の赤壁のもっと南側の長沙の事です。

この地帯は高温多湿で熱病の多発地帯です。

多くの伝染性の熱病多発地帯でも人は生きています。

湯液療法を使って伝染病と戦っていたのです。

これら江南地方に伝わる治療法を
まとめたものであると序文に書かれてあります。

この序文は実に素晴らしい文章です。

我々がこれから医療人として患者に対する態度や
医療に対する心構えなどが述べられています。

読めば気持ちが引き締まる思いが致します。

スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR