スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(21)風邪引き

2013/03/27 Wed

傷寒論(21)風邪引き

長屋の八さんがご隠居に
「ご隠居さん、お元気そうで」

「ありがとう、風邪一つひかないよ!」
「そりゃ~ようございます」

と江戸時代では、挨拶が行われていました。

この風邪が健康のバロメーターになっていますね。

風邪は万病の元と言われますからでしょう。
と、ここで葛根湯医者の話に入りたいのですが・・・次回に。
( ^)o(^ ) ゲンキデスー

風邪の症状は鼻炎、クシャミ、咳、発熱という症状です。

これらは身体の上部の症状が挙がります。

これらの症状を出す原因は、
外部からの細菌では肺炎菌、ブドウ球菌、連鎖状球菌です。

ウィルスでは風邪ウィルスは数が多く数百もあると言われます。

今、流行している麻疹(はしか)もウィルスです。

マルコプラズマやクラミジヤ等もあります。
\(◎o◎)/! オテアゲ デスー

これら数百の菌に対して、
全部に免疫を持つのは不可能です。

特にウィルスは、形を変えて来るので、
毎回免疫を作り変えなくてはいかません。
((+_+)) マタ カゼヒキ デスー

人は1年でどの位風邪を引くのでしょうか?

私は所沢のリハ時代には
自分の病気休暇用紙を埋め尽くしていました。

授業や予約の患者には随分と迷惑を掛けました。

実に色男(?)は弱かったのですね(笑)
(^_-)-☆ ジョウダン デスー

那須塩原に転勤したとき、
殆ど風邪を引かなくなりました!

職場は日光国立公園の中ですから、
人里から離れていて、

半隔離状態で病原菌が入ってこなかった。
これは一理ありますね(笑)
(^^ゞ サンガク チタイ デスー

山に中でも塩原は温泉街ですから、
外部のお客が来られていましたので、

そんな事はありません!
前には国道400号が走っております。
(^_^;) ヒトモイマス

でも鍼灸の治療患者は殆ど臨床室には来られません。

よって、始めは生徒とお互いに患者役になり、
鍼の臨床実習をしていました。

当然、私も初めて患者役になったのです。

鍼治療は全て全身の調節を行っていたのです。

これが良かったのですね~
(*^。^*) キモチモ イイデスー

今は、所沢のリハに戻っていますが、
皆さんのお陰出で、私の身体は月に2~3回の調整で、

それこそ風邪一つ引かないで元気です。

この調子で健康で長生きしたいですね。(感謝)
( ^)o(^ ) カンシャ デスー

人が1年間に風邪を引くのは、2~4回と言われていますが、
小児はこれよりも少し多いとの事です。

しかし、乳児は大丈夫です。

小鳥さんのコメントにも書きましたが、
半年はお母さんの免疫を受け継いでいると言われますが、

母乳の中には免疫グロブリンが多く含まれていて、
それが赤ちゃんの腸に引き積められているからです。
(^_-)-☆ オカアサン アリガトウー

また乳児の消化器系は未熟な状態です。

よって、普通の食事では異種蛋白を吸収されて、
食物アレルギーの抗体を作ってしまいます。

よって、母乳は食物アレルギーの防止にもなるのです。

また、腸内の調整は体力も免疫力も上昇させます。

風邪も寄せ付けない、元気な身体になります。

乳児の離乳食は早めないで、
1年は母乳を飲ませてあげて、下さい~

母乳の少ない人でも、人工乳の間にでも
是非、お母さんの母乳を挙げて下さいね~
と、実は今回はこれが言いたかった!

指しゃぶりも必要ですよ~
指を取らない、注意しないのが良いです。

これだと~~(>_<)孫が出来たら、
仕切り爺さんに変身して、
娘に嫌われそうな予感が・・・
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。