スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)強刺激の失敗

2013/05/22 Wed

経絡治療序(3)強刺激の失敗

風邪の患者に
強い発汗剤を与え、

更に強い吐剤を与え、
下剤を与えて、強刺激の鍼も行ったが

熱は一向に下がりません。
((+_+)) アセルー

このように、医者は
至れり尽くせりの治療をしたのですが、

初めの診断さえ確りと行っていれば、
こんな大変な事には成らなかったのです。
(^_-)-☆ キヲツケテー

色々と手を尽くしたのでしがが、
患者は未だに解熱が起きないのです。

医者も焦っているのが目に見えますが、
当の患者さんも大変です。

(再度・原文の訓読)
若しくは下し、
若しくは温針(おんしん)し、
仍(な)お解(かい)せざる者は、
此れを壊病(えびょう)と為す。
桂枝を与う中(あた)らざるなり、


(井案)
もちろん、この原文の意味は、

同じ患者に全部行った訳でも無いのでしょうが、
どれかひとつでも間違って行えば同じことです。

この患者は既に証を崩した「えびょう~」だ~

壊病」と成っているのです。

壊病とは、本来の「証」の症状では無くなって、
陰陽気血が入り乱れた症状を呈して、

患者も辛い状態に成っているのです。
((+_+)) ハヤク タスケテー

鍼治療も同じです。

病名を付けないで、
ただ症状だけを追いかけて、

痛い部分や硬い凝った部分の治療法を行う
初めは症状が快方に向かっても、

原因の治療をしていないと、
筋肉も段々と硬くなり、

痛みも日ごと増してゆきます。


この治療法を標治法と言われますが、

これには限界があるし、

患者に対して本当の治療ではありません。

東洋医学の本来の治療は

患者の自己免疫力の増進

援助する事が目標なのです。

次回は壊病を避けるにはをお送りします。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。