FC2ブログ

経絡按摩(10)腎の治療(6)

2013/08/20 Tue

経絡按摩(10)腎の治療(6)

腎経は内踝上部から上部

3~4横指付近から脛骨から離れて、

腓腹筋とヒラメ筋の間を上向します。


これは厳格に行う必要があります。

くれぐれも脛骨後縁をこれ以上に上行しないことです。

腎経灸2

点線の部分です。ダメ!

実線の部分が腎経です。

次に膝の裏側の内側の端に

下腿三頭筋内側頭に下陰谷穴があります。

腎経陰谷1

陰谷穴の下方の硬決は、

内踝の治療で既に寛解しております。


その柔らかく成った部分を上向します。
大腿筋腎経

黒い実線部分です。

それから大腿筋の半腱半膜様筋を上行します。

ここは柔らかく行ってください。

これで治療の腎経は終わるのですが、

同じ部位を数回治療しなくてはなりません。
( ^)o(^ ) オワッター

次に同じ下腿の胃経に入ります。

腎虚証では水と熱の関係も有りますので、

胃経が必要となります。

しかし、鍼の治療では腎の状態で

胃経の使い方が違ってきますが、

あん摩の場合は一応に行っても良いでしょう。
( ^)o(^ ) アシノ マエモ

この胃経はうつ病とも関係があります。

これらはお腹(内臓)と

精神的な疾患の結びつきを示唆しています。

経絡治療は自律神経を整えるのが目標です。

自律神経は一般的にはお腹の状態を意味します。

よって精神的な疾患も関与できるのです。


腎経5

下腿の胃経は一つに前脛骨筋と脛骨筋の間を行います。

圧迫はしないで、軽く軽擦から入り、揉ねつを施します。

二つ目は前脛骨筋の外側を行います。

この時前脛骨筋を圧迫しないで下さい。

前脛骨筋と長指伸筋の間の筋溝を下って行きます。

足の背も行います。

ここは重要で念入りにお願い致します。

自分では無理ですから、愛する人にしてもらって下さい。

胃経2

第3指に至ります。

以上で下腿の治療を終ります。

次回は上肢の治療に入ります。

また娘の手を利用したいと思います。

それとも舞姫の方にするかな?

問題は背中と殿部のモデルが居ません~
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR