スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛の治療点

2013/10/30 Wed

頭痛の治療点

東洋医学の理論では、

人の身体には気血が循環しています。

(^_-)-☆ ジュンカンキノウー

この気血が上昇している生理状態を

気が登ると言われています。

気が登ると人はどの様な状態に成るのでしょうか。

それは首や肩から上の症状が出ます。

後頭部のコリや痛みが代表です。

肩こりも起します。

勿論頭痛もします。

この時に上った気を下げれば

この肩こりや頭痛が治るのです。

この上った気を下げる方法は、

手足に治療を施せば良いのです。

(^_-)-☆ キヲサゲル

それは、治療した部分に気血が集まるからです。

痛い部分には気血が集まっているのです。

よって、痛い部分の気血を手足に導けば良いのです。

これが、痛い部分を治療すれば

更に気血も痛い部分に集まります。

強い刺激で治った感じが致しますが、

これはまやかしです。

また直ぐに痛みが現れてきます。

この事を治療家は気が付いているはずですが、

他に手立てがないので、黙認しているのです。

(^ム^) キガツイテー

今回は頭痛の痛みを遠ざける穴の話です。

それは前回に話した

鼻詰まりの解消の穴である飛陽穴の直ぐ近くにあります。

モデル(勉強会の人)の丸い印が飛陽穴です。
附陽穴3
下の線の腓骨からは離してください。

附陽穴はその下にあります。
附陽穴4

外顆から3横指上にあります。

この凸部分(硬結)の前後または
附陽穴2

外顆寄りが一番良いと思います。

この凹んだ所にお灸をして下さい。
附陽穴1

またはその上でも良いです。

気が下がって、気は頭から遠ざかります。

治療は片方1壮ですので両方は無駄です。

頭痛を治して満面の笑みをお戻し下さい。
S2510-2.jpg
代わりの初孫の舞姫の笑みをお届けいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。