外食

2014/01/30 Thu

私、一人で座れるようになりました~

これで外食などを両親とご一緒できます。

26-01外食

どうでチュか、一人で座っているでしょ、

26-01外食1


これは私のコース定食ですの

26-01外食2


今日は少し堅とうございますわね。

26-01外食3


あ~美味しゅうございました。

ご馳走様です。

外食はね塩分の取り過ぎにご注意しなければなりませんわ。

オンジのブログでは味の呪文が載っていましたの

ご紹介したいと思いますわ。

以下はオンジのブログからです。


五味(病人の好み、要求の味)

 代表 肝―心―脾―肺―腎

 五味 酸―苦―甘―辛―鹹

読みはサンークーカンーシンーカンと言います。

腎の所に鹹(カン)が配当されています。

これは塩辛い味の事です。

宣明五気編に

「鹹は血に走る、血病に多く鹹を食うこと無し」

塩からい物は身体を温めるので良いが、

多すぎると高血圧や血滞やお血を生ずるので

多くは食べてはいけないのです。



また腎虚証が進みますと、

料理などの味付けが濃くなります。

山に登った時の食事が塩辛いのに似ています。


また塩味は甘味と苦味を引き立てます。

これは味をハッキリさせますので、美味しく感じます。

外食はこの塩分を入れて、

味をハッキリさせる事により美味しく感じるのです。

反対に酸味と辛味の味を緩和します。

この作用を使って料理を考えるのも面白いと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR