FC2ブログ

自然治癒力能力№1

2014/08/13 Wed

人間の自然治癒力能力№1

今はマイ吉の階段上りが夢中です。

DCIM0114階段8月

目を離すと階段を上がります。

DCIM0115階段8月

登りながら「どや顔」で振り返ります。

DCIM013階段8月

身体の大きさから考えると、大変な高さです。

DCIM0135階段8月

しかし、降りてこられません。

(^O^) WWW


人間には自然治癒力という

重要な回復力を持っていますが、

この自然治癒力の作用はご存じのように、

外部からの病気(細菌やヴィールス)から守ります。

キズも回復させます。 


身体の内部の変化(炎症や腫瘍)にも対応いたします。

しかし、作用が余りにも漠然として分かりません。

それは多岐に渡っているからです。


この作用を最大限に活用しているのが

東洋医学です。 

今回はこの自然治癒力を東洋医学では

いかに上手く使っているかの話をして行きます。



第一に重要なことは、

「自然治癒力作用は、身体全体に均等に働いている。」

と思われますが、

これが違うのです

とんでもありません! 

)^o^( キントウデハ アリマセン。

これには驚かれると思いますが、

この事を理解しないと、治療にはなりません。


東洋医学はこれを上手く使っているのです。

自然治癒力

必要な部分に集中的に働いているのです


よって、他の多くの部分は後回しになります。

((*_*;? アトマワシ サレル?


例えば、血液を考えても、

食事をしたら消化に働くために血液は

筋肉系よりも内臓系に集まります。

この時は筋肉系には必要がないのです。

これは副交感神経が働くことになります。


反対に運動する時などは交感神経の働きで

筋肉系に血液を流しています。


このように必要な部分に作用が集中しているのです。

身体の中の作用はこの分配や集中が起きているのです。

(^_-)-☆ ブンパイ デスカ!

よって、体外の対応と内臓の保持は違うのです。

外側が密ならば、内側が疎かになります。

外側に力を入れれば、内側は放置されます。

(?_?)3 ホウチ ブブンハ?


しかし、心配はいりません。

時間が経過すれば、外と内の作用が逆になります。

例えばお昼は交感神経優位ですから、外側です。

夜は副交感神経が優位ですから内側に作用いたします。


重要な部分は

( ..)φメモメモ

自然治癒力は必要な部分に集中的に働いているのです。


問題は交感神経と副交感神経のバランスを崩した時です。

これを一般に自律神経失調症と言われるものです。

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR