FC2ブログ

早い脈について(脈診)

2014/09/12 Fri

お人形ちょうだい~とユーホーキャッチャーを指さす。

人形取ってー

おかあちゃん、何度か挑戦するが、無残に惨敗

1つも取れませんでした。

基本的に下手くそでした。


ぺこちゃん人形の顔の動きを真似ます。

ぺこちゃん人形

ペコちゃんの顔を前に倒すと、

おじぎをします。

顔を左右に揺らすと、首を振ります。


 脈の見方 早い脈について。 

浮脈は体表面に浮いた脈ですが、

体表面を診てはいけません。

脈を下の橈骨に押し付けて診るのです

少し脈に慣れるまで、

早い脈を診てみましょう。


身体の熱が上がると

橈骨動脈の脈の回数は多くなります。

これを速脈と言われ、

東洋医学では数脈と言います。


お風呂に入ってみても、

散歩中の脈や、小走りの時も

自分の脈は普段よりも早く感じます


この時は脈拍の数を数えてはいけません。

自分の呼吸に合わせて観察しますが、

何時もよりも早いかな?

という雰囲気で良いのです。


だからお風呂の中や食事後に

脈が早くなるのです。


身体に熱を持てば

脈拍は多くなるのを感じてください。


向こうから意中の人が近づいて来る。


とっさの事が起きたので、

これもドキドキして、脈拍が多くなります。

これは交感神経が優位になったのです。


急に立ち上がる。

これも脈拍が早くなります。

これは正常です。


この時の脈の速い脈は正常なのです。

何故ならば呼吸が早いからです。


例えば皆さんが風邪を引いたとします。

走っていないのに、脈は速くなります。


これは異常です

発熱があることを示しています。

この様に早い脈でも、

正常と異常の脈があるのです。

これを見分けるのは自分の呼吸数なのです。


脈は呼吸の速さと、脈拍を比べます

簡単なことでしょう。(笑)

呼吸が早いと、身体も熱を持っています。

呼吸数が遅いと、落ち着いているので、

脈拍も遅くなるのです。



よってこの時は呼吸に合わせて、脈を診るのです。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR