スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮脈とは

2014/09/18 Thu

免疫をマイ吉と考えますと、

DCIM0155.jpg

後ろには日本のイージス艦がかすかに見えます。

今は体内で免疫マイ吉はウロウロしております。

ここはヴェルニー公園です。

DCIM0153.jpg

後ろの軍艦はアメリカのイージス艦です。

桟橋の海側を身体の外側としますと、

海からの刺激が起これば、

マイ吉は海側に向かいます。

外側の刺激は温度などの変化ですが、

アトピーも風邪も外に変化があるのです。



内側に刺激が起こると、

マイ吉は内に向かいます。

内側の刺激は飲食物や精神的な問題です。

カフェレストラン コルセールです。

DCIM0151.jpg


これがここの名物ハンバーグです。

DCIM0149.jpg


横の野菜を載せて、大口開けてパクリと食べます。

日本の物と違い、かなり大きいですね。

Kayさんのブログでも分かりますが、

アメリカとの違いは、ポテトの量が少ないです。

あちらはポテトが別皿の大皿に山盛り!ですからね~

この様な美味しい物があれば、

内側に免疫は向かいます。


よって、癌細胞に対しては、

免疫は内側に向いてもらいたいのですが、

まぜか、初期の段階では外側に向くのです。


私の免疫達

馬鹿か!あほか!間抜けか!

と言いたいでしょうが、

身体の変化があれば、

外に向かうようにインプットされているのです。


この免疫の勘違いを

内側に入れるのが手足の治療になります。

症状は脈が浮いているのです

これを見つけて治療をするのです。

脈が浮くと表の症状が現れています。

例えば

頭痛、のぼせ、顔の火照り、発汗

肩こり、首の痛み(特に後ろ側)後頭部の凝り感、

どれも表証と云います。

これらの症状は普段から経験があると思います。


その通りです。

この様な症状で、自分を治しているのです。

汗をかくのも治している症状です。


発汗は自分が自然に治している症状です。

身体に熱がこもる事を防止して、

自然に解熱しているのです。

運動をした後に脈を診てください。

浮いて強い脈を打っています。


身体の免疫機能も立派です。

でも…

いつも邪は外からとは限らないのです。

これが問題なのです。

スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。