スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪を引いた時の注意事項

2014/12/31 Wed

寒波で寒いですね。

北海道、東北、上信越の皆さん

大雪の中の生活ご苦労様です。

関東は逆に乾燥、肌荒れ、インフルエンザ、

細菌性の風邪が猛威を振るっています。

マイ吉も風邪を引きました。

風邪を引いて情けない顔をしています。
image1 (2)風邪12月

この写真が送られたのを、山の神が見て早速電話

山の神「おでこに何を張っているの!」

娘「だって~ガタガタ震えているの~」

山の神「駄目でしょうー早く取りなさ~い」

そうですね。寒くて震えているのに、

頭を冷やしてどうするの、

運が悪ければ死んじゃいますよ。

東洋医学では寒ければ温めれば良いのです。

こんな簡単な事が出来ないのでしょうか?

実は寒気の後の発熱が来るので、

冷やそうとするのです。

冷やしてはいけない発熱があるのに

これに気が付かなければなりません。



風邪は一般的には細菌、流行が起きるウイルスが

口からや鼻から侵入して来ます。

我々の防衛隊は鼻腔扁桃でこれを食い止めようと致します。

扁桃腺は鼻の奥に在り細菌と戦うのです。

人の白血球はここでの戦いで80%が亡くなります。

戦いの最中に咽の痛みや腫れが起こり、

白血球の活性化の為にも発熱が起きてきます。

体温が上がれば白血球が活性されてきます。

普通に元気な人はこの反応が激しくないので、

扁桃腺の炎症は起きません。

何か身体の変化で炎症が起きてくるのです。


それは免疫力の低下です。

この変化は身体が冷えた時も起こります。

疲れた時も、何かの集中した後にも、

ストレスが罹った後にもと色々とありますが、

これらは同じ反応が起きるのです。

これが東洋医学では表症(表の症状)が起きるのです。

表症の例が、咽頭痛、口渇、頭痛、肩凝り、後頸部の張りなど

首から上に掛けての症状が多いのです。

これが進むと悪寒(さむけ)発熱、浮脈(橈骨動脈が浮いた感じがする)

東洋医学ではこれを「太陽病」と言います。

皆さん風邪を引いたと感じた時は、

クシャミが出た時にこの寒気(さむけ、おかん)を感じます。

これです!(^○^)

ここで重要な自覚症状は「寒気」です。

これが「太陽病」の証の一つです。



反対に「寒気(さむけ)」が無い「太陽病」はありません。

しかし、「悪寒」は「太陽病と少陰病」にあります。


漢方薬には性格があります。

同じ病気でも患者の時々の状態により、

薬方が変わります。

これは丁度鍵と鍵穴の様な状態です。

この時々の状態を病期と言い「証」を立てます。

漢方は「証」に随って治療すれば治ります。


これを「髄証療法」と言うのです。

風邪の治し方に入ります。

一般に風邪と言っても、人により色々な症状が起こります。

自分はいったいどの様な風邪でしょうか?

自分に当てはめて考えて下さい。

風邪は自分で診断して、自分で治せます。

例えば顔が赤くなる人と普通の人と青くなる人、

寒気を起こす人の、寒気が起きない人、

汗を少しかいている人と発熱でも汗が出ていない人、

これらによって対応する「証」が全く違うのです。

また普段から体力のある人と弱い人、

若い人や青年、壮年、中年、老年の人

筋肉な人と柔らかい人、骨のように硬い人

挙げると限がありませんね。

これらの人が同じ風邪を引いても

風邪に対する症状が少しずつ変わっているのが

理解できると思います。

画一的な薬(全員同じ)では効果が違います。

よって、全員違う薬が必要なのです。

殆どが自覚症状ですから、自分でも観察出来ます。

しかし、人により決まったパターンが有りますから、

自分の合った処方を2~3種類で十分に対応出来ます。


しかし、

他の人には自分の薬は全く効きません。

その同じ薬が効くのはセイゼイ1~2割の人でしょう。

鍼灸も同じです。

腰痛、ヘルニア、脊椎管狭窄症等も「証」により、

治療部位が異なります

特に東洋医学では痛い部位には直接治療を致しません。


直接患部に治療して効果が挙がるのは1~2割の人だけです。

それは、

必ず腰痛を起こす原因が他にも有ると言う事なのです。

この原因を取り除いてからでも、

後から患部に治療しても充分です。


漢方薬に戻りますが、

東洋医学は自分で感じる症状が主なのです。

自分に今、起きている状態です。

だから医者は問診が重要な要素を占めます。

でも問診も一般的な事を聞いていると


相当な時間と忍耐が要ります。

患者さんも忍耐です。

これを省く意味でも、

医者は最初に患者の脈を診ます。

この時脈の形(状態)で、

この患者さんの病の位置や性質や勢いを診ます。

患者は風邪を引いたと思った時は、

頭が痛くなる。

首が凝った感じになる。

これが脈では浮いた脈になるのです。


この時に寒気(さむけ)を感じます。

または風が冷たく嫌な感じも起きます。

これを悪風(おふう)と言われています。

この時、東洋医学では太陽病と言う診断名が付くのです。

この他に陽明病とか太陰病という病名がありますので、

この太陽病は風邪の中のごく一部です。

しかし、風邪引きの多くの人はこの経過が起きているはずです。

後の証は後日お話しいたします。

今回は太陽病の話に致しました。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。