手が頭まで上がれない、五十肩か?

2015/11/30 Mon

繆刺論篇第63-4 回目

今回は手の少陽之絡に邪が入った時です。
(本文)
邪(ジャ)手の少陽之絡に客(きゃく)すれば。

人をして喉痺(こうひ)舌卷(したまき)口乾(くちかわき)

心煩(はんしん)し、

臂(ひ・上腕)の外廉(がいれん)痛みて。

手(て)頭(かしら)に及ばざらしむ。

(井案) 

直訳すれば、

外邪が手の少陽三焦の絡に入ってしまった時の話です。

症状は喉が痛むのは、扁桃腺の炎症か?

舌が巻いて、話しにくい。

口が乾くんです。熱が出ているのか?

心煩は動悸が起きているのです。

これに腕の外側が痛く成る。神経痛が起きたか?

自分の手が頭に行かなくなる。

DCIM4091.jpg

写真:手が上がらず。舌が巻いて居る図です。

普通に考えれば五十肩では、と成るのですが、

前の症状から単に五十肩でしょうか?

そうすれば、前の症状の喉が痛み、舌が巻いて、

言葉が出し難い。の説明が付きませんね。

五十肩は両手の症状は稀です。

普通は片側の手が挙がらないのです。

治ればまた反対側が起きる事が多いのです。


1448200172371みかん
マイ吉はミカン狩りしています。
まだ若いので簡単に手が伸ばせます。

症状の初めの部分は風邪引きのようですが、

もし風邪でなければ

自律神経の交感神経緊張症のようですね。

よって煩心が起きているのでしょう。

上腕の外側が痛くなり、

次には両手が頭に上がらなくなるのです。

これは大変です。

肩の治療をしても、手が上がりません。

患者も原因が分からずに、

長く患い、年のせいにしている人も居られる。

その内に猫背(円背)のような姿勢になっています。

患者さんは初めからこの状態で来られるので、

治療家の皆さんは、腎虚証と勘違いして、

腎虚証で治療しても、治療後は良くなったと思われても

後日、症状の改善はありません。

この症状が繰り返されるのです。

五十肩も時間が掛かる者ですが、

何時までも治りません。


実は手の絵を委託した人が、

風邪を引いて、手の絵が届きません。

よって、次回はこの治療穴と、

内因による手少陽の絡と対比いたします。

五十肩も肩には直接治療をしないで下さいよ~

スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR