繆刺論篇第63-15。危険な動物

2016/04/25 Mon

いつものジョージです。

毎日を暇しております。

最近は仏教が気に成り、

ブッタの本を買ったりしています。

手塚治虫の「ブッタ」だったりしてね(笑)

寺院で座禅会に参加後、仏教講和も興味が有りました。

四苦八苦の人生の苦しみ。

人間の苦しみの四苦は生、老、病、死です。

1.生まれる苦しみ(母も私も既に記憶にない)

2.老は進行中です(旅行好きの母も体力の衰えで行きたがらない)

  (私は専らテレビで世界街歩き、ホテルの窓から等の番組を楽しむ)

  (山の毎週登っています。BSの日本百名山の観賞で気分だけです。)

3.病と死は日本人の3人に1人は癌で亡くなる。

4.先日新聞で人にとって一番怖い動物は?

 と、5~6種類の動物が上っていました。

 1番がゴキブリやネズミでは無かったのです。

何と!蚊だそうです。

あの小さなモスキートちゃんです。

ペットボトルで蚊キャッチヤーの作り方も有るそうです。

口の部分を切って、逆さにして、

中にイースト菌を入れて二酸化炭素を発生させる。

こんな簡単な装置で!と思いますが、

結構蚊が入っているそうです。

残りの四苦は省略致します。

逢うは別れの始まりの様なものです。

老を知らないマイ吉君は

無邪気に遊びに興じています。
アカンベーの変形か歯が痛いのか?

DSC_0109.jpg

今回は大腸経の別絡の話です。

別絡とは、正経と次の正経をつなぐ経路です。

ここでは大腸と次の脾経につながります。

別絡は前腕の偏歴穴から大腸経から分かれて、

肩に上り、頬骨に行きます。

頬骨から全部の歯に行き渡ります。

更に宗脉と言う呼吸を支配する脈に関係します。

この絡脈の病気ですが、

実すれば虫歯になります。

虫歯は虫歯菌が…と思われますが、

そればかりではありません。

歯磨きをしないのに虫歯が無い人も居られますし、

動物実験でもウサギに毎日歯磨きをしていたら

反って虫歯になりました。

余談ですが、

この研究発表は某歯磨き会社に買い取られて、

依然未発表ですがね。(笑)

でも虫歯は長期に形成されて行きますが、

虫歯の様な歯の痛みでも良いのです。

虫歯が治る?はずがありませんね

その通りです。

痛みは軽減しても、虫歯は治りません。

虫歯から離れまして…

さらに病が進み、気が頭に上ります。

これが原因で耳を塞ぎ聞こえなくなります。

耳鳴りも起こすのでしょう。

皆さんも経験がお有りと思いますが、

気が逆上せた時に、耳が塞がった感じが致します。


古典の訓読を載せますと、以下の文です。

(古典訓読)

手の陽明之別は、名づけて偏歴(へんれき)と曰う。

腕を去ること三寸、別れて太陰に入る。

其の別は、上りて臂を循り、肩髃に乗り、

曲頰、偏齒に上る。其の別は耳に入り、宗脉に合す。

實すれば、則ち齲い聾う。

虛すれば、則ち、齒寒え、痺隔す、

之を、別るる所に取る也。


所でジョージです。

以上のように色々と書いてありますが、

要約しますと、前腕の前側(親指側)から

少し離れた場所から、正経を別れるのです。

三寸とは4本指の横幅位になります。

約7センチ位ですかね。

腕関節から4本指の横指幅です。

橈骨の上に当たります。

ここが治療ポイントになるのです。

骨の上に鍼を打つと考えないで下さい。

経絡治療は鍼を皮膚に当てるだけです。

皮膚に入れたりは致しませんからご安心を。

この歯の痛みは特に下顎骨が良いのです。

それは大腸経が下顎骨を貫いているからです。

古典では偏歯と書かれています。

この絡脈が虛すれば齒寒える。

これって何?

次の痺隔(ひかく)す。

益々分かりませんね。

私は経験が有りますので、気持ち悪いです。

よって、想像にお任せ致します。

之を治療するには、

正経から別れる所に取れば良いのです。

偏歴穴にチョイと鍼を触れて、治療いたします。

以上の症状が取れるのです。

正経治療でこれらの症状が取れなければ、

直ぐに絡脈を治療すれば宜しいのです。

今まで、私も結構便利に使わせて貰っています。

生徒からは「何故?効くの?」と言われると、

素問に書いてあります。と答えます。

実態は私にも分かりません。

これは緊急で治療の始めから使うのも良いのですが、

正経治療が終わっても、上記の症状が取れない時は

絡脈治療は最高に効果が発揮できます。

この虫歯の痛みの治療ですが、

手の大腸経だけではありません。

足の胃経も有るのです。

この手足の経は雑病編では

歯の痛み方で分類されています。

そこは適当にいたしまして、

取り敢えず、手の橈骨の上を圧迫して下さい。

痛みを感じたら、

「これだ!」と強く刺激すればよいのです。

ドーパミンでも出て来るのかな?

私は歯科に行く時は、

ここに置鍼して行っています。

削られた歯の痛みが軽減されます。

治療後の鎮痛剤も飲んだ事がありません。

痛くないのですから、飲まないのです。

歯の痛みは誰も辛いですからね。

シクシクは思い出しても痛みを感じます。

皆さんも痛く成って来たでしょう。
ここまで読んでくださってありがとう。♡
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR