繆刺論篇第63-21.耳の中を風が通る南朝

2016/07/25 Mon

繆刺論篇第63-21.
耳の中を風が通る難聴

今週のマイ吉君です。

1464745928081.jpg

手形の連発です。

将来は政治家に成るのかな?


今回の謬刺編は難聴です。

実は現在、私は電子レンジ、オープントースターの

あの「チーン」の音が聞こえないのです。

「ブス」や「ブチ」にしか聞こえません。

治療をすると少し聞こえますので、

レンジの機械の故障ではありませんね。

そこで、何処を治療するかを紹介致します。


(訓読)
邪於手の陽明之絡に客すれば、

人をして耳聾、時に音を聞かず、

手の大指の次指の爪甲の上の端を

去ること韭の葉如を刺す。

各一痏、立ちどころに聞こゆ。

已え不るは、中指の爪甲の上、

肉與交者を刺す。

立ちどころに聞こゆ、

其の時に聞え不る者は、刺す可から不也。

耳中に風を生ずる者も、

亦刺すこと之を此の数の如し、

左は右を刺し.右は左を刺す.


マイ吉君も手伝いです。

1469061232943.jpg

耳に手を当てて、お爺ちゃんの手伝いです。

(ジョージ)

 邪が手の陽明大腸経の絡に宿れば、

人は耳が聞こえなくなります。

何故に音が聞こえなくなるのか?

耳の奥にある有毛細胞が音を感知して、

脳細胞に送るのですが、

加齢により、有毛細胞の機能が低下して

高音が感知し辛くなります。

これが、高齢者の高音性難聴と言われるのです。

しかし、ここでは普通の人が突然に聞こえなくなる事で

突発性難聴と言われています。

これは原因不明です。

この時は、手の大指の次指の爪甲上端を去ること

韮葉の如くの商陽穴を各々1回刺します。

立ちどころに聞こえるようになります。

しかし、それでも聞こえない者に対しては、

中指の爪甲の上で、肉と交わる所に刺すと書かれていますが、

これは中指の先端の様ですが、

諺解では、心包経の中衝穴の説が多い。

これは耳の前後に通じているからだとしています。

中衝は中指小指側で

他に、

肘や腕の痛みに対して用いています。

しかし、これだけ治療しても聞こえない者は

鍼で治療は行いません。無理です。治りません。

これが老人性の高音域難聴だと思われます。

 それから耳の中で風を生じている者とは、

耳の中で風の音がする者の事で、

ずばり、耳鳴りの事です。

これも同じ様に刺して治療しなさい。

左が病めば右を取り、右を病めば左を取ります。

老化による、老人性難聴は治らないですね。

その内に補聴器を購入するかな?
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR