突然のめまい

2017/04/17 Mon

去年突然のブログ更新が4月まで止まり、
8ヵ月が過ぎました。
久しぶりで訪問者のブログを読ませて貰いました。

久しぶりですので、コメントを書くにも様子が分からず、
途中で書いたコメントも取り消してしまします。
私も自分のブログも書くのも何かぎこちないですね(笑)
頭の整理で今回から新しい編の解説を試みたいと思います。

その前にこの8カ月で色々な新しい経験を致しました。
高尾山にも登ったし、座禅会も1回も欠かさず通いました。
その中で一番衝撃だったのが、眩暈でした。
いや!今も頭の中が少し回っています。

朝に突然の眩暈で嘔吐が起こり、
その時はトイレから出られませんでした。
治療院も臨時休業でした。
まさか、私が眩暈に成るとは信じられません。
原因は目の使い過ぎから来る疲れです。
以前、師匠から聞いていたのですが。
視力を酷使すると、かなりの疲れが起きて来ます。

始めは目の下の痙攣から起きて来ました。
眼の下の痙攣は苓桂朮甘湯が良いのですが、
この時は自分の体力を過信していたので、
休めば戻ると思っていました。

これがダメだったですね。
この眩暈の原因は右の前庭神経炎で、
左右からの刺激の差が起きているので、
眩暈が起きているそうです。

これは治らないので、受け入れるしかありません。
自分の脳が慣れるまで続くそうです。
今はリハビリの散歩で少しずつ慣らしています。

この苓桂朮甘湯は身体の水が上部に上り、
これが三半規管に鬱血する時に、この水を下におろし
利尿する漢方薬です。その前に目の下の痙攣が起きたり、
軽い眩暈(少し貧血の様な症状)が起きて来ます。

病院から帰って来ても、目の下の痙攣は取れませんので、
早速に妻に薬局で買って来て貰いました。
2服で痙攣は取れて、眩暈も頭暈に変わり、
食事もおかゆが喉に通る位回復しました。

一旦病気に成ると元には戻り難い年に成りました(笑)
体力は重要です。これには食事です。
次回から食養生の編を解説したいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR