臓気法事論

2017/06/26 Mon

大きく成るぞ~と
お肉を大口開けてパクリ!
少し食欲が出て来たのかな?
1496915722672.jpg
しかし、普段は食が細いのが心配です。

前回の続きで済みません。m(__)m
甘味は食物の代表の様な物ですから
少し長く成ります。
ほんの一部ですが紹介致します。
甘味の中で特異的な物に薏苡仁があります。
この(ヨクイニン)は身体の水分代謝を促進させ、
イボ(疣)やポリープ、腫瘍などの異物を排泄作用や
新陳代謝を活性化する働き等からやシミを取り、
美肌効果が優れていると言われています。
但し茄子の蔕も疣取り効果が有ります。
大塚敬節先生(昭和の漢方薬の大家)が
戦争中の話です。
漢方薬で煮出した残りカスの薏苡仁を
勿体ないからとニワトリに食べさせたら、
なんとその鶏は卵を産まなくなったのです。
食料の関係で、そのニワトリを潰したら
お腹の中は脂肪だらけであったそうです。
これは薏苡仁(ヨクイニン)の油が原因だったそうです。
この薏苡仁(ヨクイニン)は漢方薬では
腫瘍の治療に使われています。
一般的な漢方薬に桂枝茯苓加薏苡仁があります。
桂枝茯苓丸は女性の薬で、
逆上せて小水が少なく浮腫みが有る女性に用います。
薏苡仁が多く使われています。
他に甘味には鶏卵があります。
鶏卵はアミノ酸指数が100で完璧ですが、
残念なのはビタミンCと食物繊維がありません。
そこでホウレンソウを添えて
このVCで卵の鉄分の吸収を良くすれば
貧血の予防になります。
胡麻は鉄、Ca、リノレン酸、リノール酸、オレイン酸が含み、
軽く炒る事でポリフェノールが2倍に増えます。
これは血管動脈硬化防止に良いのです。
胡麻の皮が消化を妨げるので、
軽く煎ることがと良いそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR