カフェインについて

2017/07/18 Tue

マイ吉君は夏に成ると酸っぱい物に夢中に成ります。
今回は「都昆布」にはまっています。

これが有るとご機嫌が良いようです。
14998383805301.jpg

以前は「酸っぱい」と言えず。
アッパイ、アッパイと言って酸っぱい物を食べていました(笑)

今回は苦味の緑茶とコーヒーのカフェインのお話
緑茶は抗酸化作用もあり、
豊富なカテキンが満載のお茶葉で作られています。

これは肝臓や腎臓のデトックス(体内から毒素や老廃物を排泄する)を促します。

お茶は平安末期の禅僧栄西が日本に再度もたらしたとされています。
彼の著書に「喫茶養生記」があります。

日本人は当時は短命だったので、
苦味があるお茶を勧めたとされています。

この苦味は東洋医学では心蔵に良いとされていて、
これが寿命を延ばすと考えられます。

この苦味はカテキンやカフェインによるものですが、
お茶の出し方にも大きく左右されるそうで、

高温のお湯を注ぐそうですが、
私はやはり水か氷出しが甘くて美味しいですね。

またコーヒーに含まれるカフェインは
脂肪を分解する酵素のリパーゼを活性化し、
脂肪の燃焼を高めます。

またポリフェノールが含まれていて、
これは利尿効果があり、排便をも促進し、
血管拡張作用も有り、基礎代謝も上がります。

その上に特に女性は幸福感を感じ、
脳波のα波が出て、リラックス効果も有るので、
鬱も症状の改善も考えられています。

こんなに良い事が起これば、飲まなくては~と思われますが、
問題は飲み過ぎで、中毒症状が現れ、
逆作用が出るのが、危険です。

この禁断症状の防止に、制限が必要と成るのです。
それには1日に何杯飲むか、

飲む時間は何時頃が良いか、
等を検討する事が必要です。

1日に何杯飲むかですが、
これは人によりカフェインの感受性が有るので、
一概には言えませんが、飲み過ぎは危険です。

摂取量は1日3杯程度が適量とされています。

カフェインは他の多くの飲み物にも
含まれているので注意が必要です。

最近は高濃度カフェイン飲料が
出ているようですので気を付ける事です。

また、利尿効果も表面的な物と言われています。
これは余分に溜まった水分を出すのではなく、
飲んだ分だけが排出されている事です。

禁断症状防止には飲む時間も大切です。
朝の9時から昼食が終わる頃までと言われています。

それは朝起きた時は、人は身体を動かす為に
副腎からホルモンが出て来ます。

この時、カフェインは不要です。

目覚めのカフェインは中毒症状を一時的に
緩和しているに過ぎないと言われています。

今からでは手遅れと思わないで、
自分の健康の為にも少し控える事が必要だと思われます。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR