藏気法時論―心の病編治療ー

2017/09/18 Mon

階段下のマイ吉君

階段の下はハリーポッターの部屋でしたが、

ここではマイ吉君のボーリングです。

後ろ姿は腰を曲げて一人前のポーズです。(笑)
1499060102179.jpg

前回心の病でしたが、如何でしたか?

この編は講義した事が有りません。

東洋医学を少し勉強された方には、

疑問点が多数出てきたと思います。

実は解説を少し省いているのです。

しかし、誰も指摘して来られません。

中には熟読したいとのメールを頂いた方も居られますので、

このままお待ちしたいと思います。

質問は直接メールでもかまいませんよ。

今回は心の病とは何かを続きを載せます。

(藏気法時論―心の病編―)

心の病(やまい)は

胸中 痛み、脇(わき)支滿(しまん)し、脇下(きょうか)痛み、

膺背(ようはい) 肩甲の間 痛み、兩臂(りょうひ)の内痛む。

虚(きょ)すれば 胸腹 大きく、

脇下(きょうか)と腰より相引(あいひ)きて痛む。

その經(けい)は 少陰(しょういん)と太陽(たいよう)、

舌下(ぜっか)の血ある者を取る。

その変病(へんびょう)は、

郄中(げきちゅう)の 血ある者を取る。

(井案)

心の病です。

流石に痛みが多いようですね。

強い痛みは心が関係していると思っても良いのです。

この場合は

相生関係(助け合う)だけではなく、

相尅関係(敵対)の場合も有ります。

(本文の訳)

心の病の時は、

心のある胸中が痛む。

これは狭心症に当たりそうです。

心の両脇が支え詰まったようになる。

これは動悸や鬱血による肋膜炎、肝腫、脾腫などがあります。

脇の下が痛んで、胸、背、肩甲骨の間が痛む。

両方の上肢の内側が痛む。

これは狭心症の連関痛ですね。

心蔵の異変が手に放散して痛むのです。

これは患者にとっては恐怖を与えます。

詳しくは霊枢の厥病論に載っています。

胸痛の症状により治療法が書かれていますが、

決して胸の直接治療では有りません。

心蔵マッサージは別として、

鍼の治療は全て手足に因るのです。

腰痛も頭痛も同じです。

手足の治療が中心で頚や腰には治療を致しません。

頚や腰の直接に治療すれば、

一時的に治ったかの様ですが、

怖いのは、段々に症状が悪化して行きます。

それは、根本の治療では無いのです。

あくまでも標治療法で、症状に一時的緩和治療なのです。

術者側ですが、直接治療していると、

段々と効果が無くなるのです。

そこで、刺激を強くします。

鍼を深く入れて、しかも抜き刺しするので、

周りの組織を壊す結果に成って行くのです。

すると人は組織の治療の為に細胞を増やします。

その部分は硬くなり、瘢痕状態に成ります。

この様に成ると治療には年単の時間が掛かります。

くれぐれも、この様な硬いコブを作ってはいけません。

心の病の治療に入ります。

虚しますと胸やお腹が大きく成るのです。

脇の下と腰がお互いに引っ張り合って痛むのです。

この経絡は少陰(心・腎)太陽(小腸・膀胱)を取ります。

舌の下の怒脹した血を取るのは、

瘀血(抹消の循環障害)を改善する為ですが、

舌下だけではありません。

下腿で十分に治療出来ます。

その病変は郤中の血を取る。

この郤中は膝裏か陰郤穴かその付近の

刺絡をすると良いのでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR