癌も風邪も膠原病治療は同じ。陰陽虚実論(1)

2010/12/12 Sun

陰陽虚実論(1)

東洋医学では

癌も風邪も膠原病も治療の考えは同じです。

癌でも、風邪でも治療の根本は同じ考えなのです。

外邪は体表から内因は内部から発生して、

気血、陰陽の虚実で表現されます。

今回は陰と陽に虚と実を合わせて

患者の体力や気血の存在を探る方法です。

これを陰陽虚実論と言います。

この診断はとても便利です。

今患者がこの病が治ろうとしているのか、

また患者が治るのを放棄しているのか、

邪が何処に存在しているのか、

またまた患者の司令塔が

間違った判断をしているのか

色々な事を察知できます。

これにより治療方針を立てる事が出来るのです。

それに4種類しかないので、

どれにするかは、とても簡単です。

4種類のどれかを患者が症状で示しています。

症状は「寒」と「熱」で表現されます

ハッキリ鑑別できる症状ですから、

4択が得意な皆さんならば一目瞭然です。

そうなれば患者の気血が身体の何処を

彷徨っているのかが分かります。

病気の原因が分かっていれば、

この病気に対する処置が分かります


癌にしろ、風邪にしろ、難病にしろ、

喘息、アトピーにしろ同じなのです。

そこで治療家は、その気血を何処に導くか、

患者の体力を補うかを判断しれば良いのです。
スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR