脈を診ない鍼灸師

2010/05/31 Mon

鍼灸師は医師ではないので、血液検査や画像診断が出来ません。

ではどの様にして内部の状態を知れるのでしょうか。

自律神経の状態を外から診ることが出来るのです。

これが体表近くに流れている動脈なのです。

動脈には交感神経が網の目の様にギッシリと分布しています。

この状態を診るのです。

経絡治療は自律神経の調節にあります。

よってこの自立神経を診るために必要な脈を診ます。

色々な脈診の一つに腕関節近くの橈骨動脈を診ます。

鍼灸師が脈を診ているのは脈の数を数えているからではありません。

ここからは身体の色々な情報が分かるのです。

よって鍼灸師は身体の内部の情報を得るためには、

脈を診る事はとても大事な事です。

闇雲に経験だけで治療をするのではなく、

患者さんの体内の情報を伺ってください。

最近の鍼灸師は随分とこの脈を見る人が多くなりました。

これはとても良い事です。

これからの鍼灸師は確りした診断術を身に付ける事です。

次回は脈に対する病理的考えと、治療法を述べたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

難しいですが…

脈診は難しいですが、朝に昼に晩に、自分の脈を診たり、クラスメイトや家族の脈を診る事でしっかりと感じ方を掴もうと思います。
何事も練習、鍛錬です~。
鎮痛剤を飲んでいる今日の脈は、柔らかい感じがします。
自律神経を病ませているのでしょうね

経絡治療は素晴らしい!

 経絡治療2年が過ぎ体調は自然体に戻っています。直接患部に施す治療でない分即効いた様な感覚はありませんでした。継続治療していくうちにある日突然悩みが解消しているのに気がつきました。
 人それぞれ効果が出るのに個人差があると思いますが、私の場合9ヶ月目に効果がでました。
外科治療と違って地味で時間の掛かることがあると云う事も他の患者さんにも教えてあげて下さい。
施術者と患者の信頼関係が重要と思います、この素晴らしい“経絡治療”をひろめて行って下さい。            クロの招き猫
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR