病気と健康体 鍼灸療法(3)

2010/12/26 Sun

病気と健康体 鍼灸療法3

中国の医学の歴史に戻ります。

「和剤局方」という大変に優れた書物です。

使い方によっては大変に良いものでした。

便利なものは、良いではありませんか。

これによって難病を思われた病気が

次々と治っていったのです

しかし、この状態が暫らく続いたのです。

時代と共に新しく医学を志した人が、

この本を手に致します。

彼らは本来の病気の成り立ちを知らない人達です。


今日の日本は便利なグッズや機械が溢れています。

我々はこれらの機械の恩恵を十分に被っています。

しかし、この機械の構造や作用を知らないで、

スイッチを押せばパソコンでも動き出します。

機械が壊れると修理をしないで、

新しいより便利な物と交換いたします。

でも人間は交換できません

だから人間は治療して、治さなければいけません。

これが東洋医学の理論になるのです。

この便利になった「和剤局方」医学は

本来の東洋医学の理論から離れる結果となりました。

症状からの治療だと基礎理論や診断が必要ありません。

それは「お腹が痛い!」の症状に対しては、

医者は診断もしないで、単にお腹の症状から

「安中散」などの色々な処方が出て来ます。

これらの薬を順番に飲んでしてみます。

鍼灸においても同じ事が起きました。

「肩が痛い」と肩の痛い部分に鍼を刺す

「腰が痛い」となれば腰の硬い部分に鍼を刺す

効果が無ければ鍼を深く刺し、刺激を多く与えます。

鍼を深く刺したり、同じ場所を打ち続て、

組織に傷が付こうが、関係がありません。

症状が取れれば良いのです。

お灸を熱く何層も行うことに成っていったのです。

これで表面的には症状が取れた様に感じますが、

もちろん、根本の病気は治っていません。

自然治癒力の亢進も無理です。

この様な痛い部位や硬い部位に直接施術する事は

東洋医学理論の勉強は必要が無くなります。

正に、病気の診断をしなくなるのです。

症状に捉われた治療をする事になります。

この様なインスタント医者が横行する事により、

益々国民の医療が疲弊することに成ったのです。

そこで古典に帰ろうと言う大きな運動が起きました。

これが金元時代の大きな運動です。

しかし、この動きには大きく戦争と平和が関与していました

この影響が治療法を2分したのです。

この戦争と平和は治療法にどのように影響したと、

思われますか?

この影響がこれからの現代の社会情勢に合っている

湯液や鍼灸の治療法に関係しています。
スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

大雑把なコメです

現代の話でいくと、西洋医学は軍の医療。普通の生活している人には必要のない強い薬、治療法と聞きます。戦争の医療をそのまま普通の人に使えば副作用やかえって強い刺激のために自分の力まで失ってしまいます。通常の生活で養生訓などを実践していれば東洋医学の鍼灸で十分治療できますよね?先生^^
自分の身体の中の細菌のバランスまでおかしくして、次の病気を作る悪循環・・・。そして強い刺激。
身体の中の頑張ろうとするエネルギーが失われてしまいそう~~~。頼った分だけの戻す時間が必要ですが、
必ず自身の力を蘇らすのが経絡治療~^^

No title

お久しぶりです。
不在中、読めなかった記事を読もうと何度か来てますが、あまりにも情報が多くて一度には消化出来ず、コメも残せずです。でも毎回勉強させていただいております。ありがとう。 パワフルなご活躍ぶり! 

うちの旦那は鍼治療とかはしてないで、こういう上のような自体の子とは私も聞いた事なかったですが。。。想像はつきます。 根本的な原因を追究するしこうなうちの旦那のやり方ではやはり効果、努力に時間が必要です。 でもそれがあった時は、すっかり良くなったりで傍から見ている私もすがすがしい!
残念な事に、今の日本と同じく、アメリカでも簡単便利
新しい物が重視、価値感を置かれ、さんや旦那の理想的治療がなかなか花咲かしていません。

これからもブログ、そしてリアルライフでますますのご活躍、期待、願っております。

好漢医学林さんファミリーが神様の恵み、愛をいっぱい感じるこの季節、毎日でありますように。

それではもうちょっと勉強に行ってまいります。

∞万華鏡∞さんへ

言いたい事は分かるのですが、
チョッとここでは意味が違うようです。
それは人民の戦争中の体力と平和の時代の
体力の違いを言いたかったのです。
これにより治療法が変わりますよと言うことです。

それから陰陽虚実論に陽虚証のコメントが欲しいです。
まだ1人しか来ておりません。
寒邪が体表に停滞しているのは何故かです。
人の対抗できる陽の精気が弱い原因は一つの解答ですが、
これだと皮を切った程度です。
骨か髄に到達した物が有るのです。
書いていないので想像すれば幾らでも出てきます。
これが古典の醍醐味です。面白いのです。

カントリーママさんへ


コメントをありがとうございました。
鍼灸師以外からのコメントは大変にありがたいです。

以前は学生に診断の重要性を教えて、
これに賛同して治療している卒業生も居られますが、
いまだに少ない状況です。

更に、鍼灸師の方々は治療の前に
診断をして下さいと訴えたいのですが、
既に自分の治療法を確立しておられる先生方には
無理がある事を分かりました。

そこで、患者さんに鍼灸の知識を広めて、
患者さんから鍼灸師に訴えてもらえばと思っています。

1.患者さんに治療に当たって自分の診断名(…証)を聞いてもらう。
2.自分の脈を取ってもらう。
3.強い刺激や深い刺鍼を避けてもらう。

等をやっていただければ、鍼灸師も診断をせざるを得なくなると思いました。
自分の病気を知らないでと思いますが、
日本では多くの人は自分の病気の原因に無関心です。

この運動も時間が掛かりますが、地道に行って行きたいと思います。
その前に一般の人にも簡単に出来る治療法を公開したいのですが、
いったいどんな要求が有るのかが分からないのです。

今考えているのは、普段気付かない呼吸を楽にする。
(以前小児鍼と一般のマッサージもできる事を少し解説したのですが、
あまり反響が無かったので一旦中止しています)

血液の循環障害を改善して下腹部の贅肉を解除する。
顔や身体の染みを取り色白にする。
頭の髪の毛を生えさせる。
不安時の心の安定させる。
癌の延命と人間らしく生きる。等を考えています。

よって専門家ではなく一般の人からの要求がほしかったのですが、
コメントが来るには鍼灸師が多くなり、
自然と専門的な話になってしまう傾向があります。

今後はもっと分かり易い説明をしますので、
これからもコメントと指導をお願いします。

すみませ~ん^^;

経験は力なり・・・。
東洋医学の勉強不足・・・。
恥ずかしげもなくカキコする勇気で、得るものは大きいです。(^^)

先生のおっしゃる、
治療点のちょっとずらしてを実践いたしました^^;
確かに得るものは大きいです。

でも、やっぱり的確に答える方も必要ですね~
これもバランスでしょうか?

ありがとうございます^^感謝☆

∞万華鏡∞さんへ

正に経験は力なり・・・
コメントを書き込むのは自分なりに消化した証です。
恥ずかしがる事はありません。
私だって有名な諺を堂々と間違えて書き込みしています。(笑う)

恥は掻き捨てで~す(合っていたかな?)
聞くは一時の恥でしたか?

ようするにコメントを書かないよりも勉強に成ります。
鍼灸師の方々は是非意見をぶつけて下さい。
変なのは即削除しますから遠慮はいりません(笑う)
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR