肺経絡(1)手の太陰肺経

2011/02/22 Tue

肺経の経絡は一番浅い所を流れています。

前回のコメントにも書きましたが、

経絡は皮膚の極浅い部分を流れています。

更に浅いのが肺経です。

それは肺が皮膚を司ることからも想像されます。

よって、アトピー等も皮膚のかゆみも関係してきます。

また、霊枢の本神編では

「精と並んで出入りする者、これを魄(ハク)と言う」

と記載があります。

精と一緒に人体を出入りする物と言えば、

空気(酸素)の事ですね、

よって、「魄」とは呼吸作用である事が分かります。

「魄」とは気魄(気迫)とかではありません。

発音が似ているだけで、意味が違います。

古典からは作用はズバリ、

呼吸器系を司っている事がわかります。

例えば、肺経が虚していますと、

自律神経(内臓など)の反射などで、

呼吸器系を動かす筋肉が

硬くなるか、弱るか、収縮が少ないかが起きています。

特に肩甲骨の間の起立筋に硬結やコリが現れます。

この筋肉の緊張が横にある肩甲骨を内側に引っ張ります。

当に肩甲骨間が狭くなっています。

すると呼吸器を動かす筋肉が全部働かないので、

空気を深く吸えないのです

これが漢方では少気と言います。

または背中が冷え冷えと寒いとか、

肩こりを訴える人が多くありません。

これらの筋肉の動きが悪くなると

少気(ショウキ)という呼吸量の減少が起きます。

これが肺虚の代表的な症状と言われています。

よって背部の肩甲間部には「魄戸」という穴があります。

背部の肺兪穴は気管支系の反射の時に硬結が現れます。

しかし、この肺兪穴を直接治療してはいけません。

鍼を刺したり、揉んだりすれば一時的には緩みますが、

殆ど数時間で更に硬く、痛く、苦しくなります

この時に肺兪の外側に数センチ指をずらすと

肩甲骨内縁に在る魄戸穴を治療すると

肺兪穴が少し緩みます。

若しくは前腕の肺経の治療

肩甲間部は全体が完全に緩みます

少気(ショウキ)という呼吸量の減少は

身体に酸素が充分に入りません。

酸素が少なければ、身体の糖分は燃焼いたしません。

新陳代謝も低下いたします。

よって外部をいくら暖めても

身体は冷えて来るのです

この様な患者さんには

手の前腕の肺経を治療する事で、

体表内臓反射から呼吸筋を少し緩められれば

酸素が肺の奥まで入って行き、身体は温まります。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

魄戸と筋肉

昔学校で「魄戸」というつぼを覚えました。
つぼを覚える時は筋肉も同時におぼえなさいと先生から習いました。

「魄戸」の筋肉は僧帽筋と菱形筋です。
菱形筋は上後鋸筋(吸息の補助筋)をおおっています。
「魄戸」を刺す時は、この菱形筋と上後鋸筋を同時に緩めると良いと習いました。

少気

魄戸や膏肓を指圧すると、痛気持ちいい、ツボにちゃんと当たっていると思われることが多いと、患者さんへのマッサージで気づきました。
肺癒を押してもあまり反応はよくないかなと思います。

肺癒は反応を診る点としてとらえて、実際の治療は、膀胱経の二行線や手足を使うというのがポイントですね。

呼吸も体を温めるのに大事というのは、吸気は陽性のもので、気血の巡りに大きく関係するからでしょうか?

ミーコ さんへ

魄戸穴は呼吸の出入り口と言われています。
背中で呼吸する訳はありませんが、
ここの治療が呼吸を滑らかにする事は
間違いありません。

またもう少し突っ込むと
手の肺経でこの肺兪や魄戸付近が緩みます。
これが経絡治療の妙味です。

MGRさんへ

肺虚証の人は肩甲間部の異常を訴えます。
冷える、苦しい、痛む当です。
本人は単なる肩こりと思っていますが、実際は違います。
少気(呼吸量の減少)が起きているのです。
この少気を改善すれば、
酸素が入り、体温も上昇して来ます。
そうすると、泌尿器系、呼吸器系、
消化器系等の症状が改善いたします。
これが本当の自然治癒力ではないかと思います。

呼気の事ですが、呼気は温かいので陽性と言われています。
経絡とはあまり関係が無いようです。
呼吸の重要なのは呼気です。
空気を吐く事で新しい空気が自然に入ってきます。
知識も同じです。一杯になった茶碗に湯を注ぐような物です。
よって、データーの上書きの出来ない男性は大変なのです。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR