スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魏志倭人伝との出会い(2)

2011/04/06 Wed

読書もしない、作文も書かない、宿題もしない。

国語が大嫌いな 私の書く 以前の文章は、

想像を絶する 相当に酷いものでした。

今も文章も 酷いのですが…ね(笑う)

考えると、穴があれば 入りたい気持ちです。

那須塩原に 単身赴任した時に書いた文章は、

それは、大変な悪文でした。

実は、その頃にパソコンが発達してメールも進化しました。

それで、所沢の国リハ卒業生に

経絡治療を教えて欲しいと言われたので、

その時に、止めれば良かったのですが、

通信教育的なメールを始めました。

実は、今まで行っている講義や、師匠から教わった事を

書いて残したいなと 思っていた時でもありました。

当時 塩原の専門学校に、ヒューマンとして居られました、

大貫雅子さんに、私の書いた文章を、見て貰いました。

彼女の若い頃は、オードリーヘップバーンに 似た slenderな美人さんでした。

あ!これは余分なことでしたね。

彼女は以前 小学校の教諭をしていました。

この人に 私の文章を 訂正してもらいました。

また、新潟のワンコさんにも 多く直されていました。

その甲斐もあって、まだまだですが、何とか 読めそうな 文章になり、

通信教育的なメールも送れました。

この訂正、校正が無ければ、とんでもない文章でした。

本当にありがたくて、ここで、関係の皆様にお礼申し上げます。

だから、小さい時の 読書は 

非常に大切であるのが 実感しています~はい。

あの校正や直しが無かったならば、

今日の私のブログも無かったなと 思います。

その後、日光国立公園内の 那須塩原の山中から、

玄海灘国定公園の 海に囲まれた福岡の専門学校に 単身赴任で 2年間 勤務しました。

その後も 通信の文章を福岡のヒューマン イノさんにも校正してもらいました。

さらに、こりない私は 福岡のE先生に校正をしてもらい、

今も 福岡センターのメルマガに経絡の事を 投稿をしています。

この福岡市西区に転勤をした時に、

街には 伊都国という看板が 目に付きます。

直ぐに、あ!魏志倭人伝の国の名前だと 気が付きました。

魏志倭人伝は 以前から 興味を持って  

歴史好きも手伝って 前に色々な関係の本をチラッと読んでいました。

多くは 邪馬壱国が 何処に在ったかの 論争です。


日本には この弥生時代の記述が 残っておりません。

よって、中国の魏、呉、蜀の3世紀前半の 三国志時代の正史とされている、

魏史の東夷伝の部分が古代の日本を知る上で 一級の資料となっています。

著者は三国時代の後に起きた 西晋国の陳寿さんです。

3世紀末の書かれたものですから

魏が滅亡してから、約100年後の事です。

ここの文章の中の2千字余りの文字から 今の韓国から邪馬台国までの距離 

その後に、先祖であろうと思われる 倭人の風習や習慣の記載があります。

この風習や習慣が 特に面白いと思いました。

文字が無いものと思っていましたが、

原文からは最低でも絵文字は有ったようですね。

これは後半に 書きたいと思います。

漢字自体が象形文字でしから、

文字といっても良いのではと思います。

倭国についての、その他の記述は

三国志の前の時代に当たる 漢書や後漢書や、

三国志後の時代に当たる 晋時代に 少し使者の記載が有るそうですが、

後はパッタリと倭国の記載が無くなります。

よって、4世紀時代は 日本の空白の世紀と言われています。

この150年近くの間は 書物からでは、日本で何が起きたかが全く分りません。

だから、3世紀の魏志倭人伝が いかに重要な資料であるかが分かります。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。