スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい匂い(1)

2011/04/14 Thu

smell sweetに付いての考察です。

気が付けば、辺りは桜の花びらがハラハラと舞っています。

後からは淡い色で若葉が出てきます。

この時期の塩原では山全体が燃えるような勢いです。

これらの一連の春の動きは、綺麗と言うよりも、

新しい事が起きるのだ~という感覚があります。

新学期も始まり、新しい香りも漂っています。

新学年の東洋医学の予習をしていましたら、

以前に香りに付いて書いた記事を見つけました。

五行の続きですので、これを再び載せたいと思います。

mailボケの花
治療室のボケの花が咲きました。

東洋医学の「五つの香り」についてHow about smell.

私の幼少の頃は、まだ古い日本がありました。

その一つに正露丸(昔の名前は征露丸では?)の匂いがありました。

本来は整腸剤なのですが、昔は何にでも正露丸を使っていました。

虫歯の痛め止めなどにも…形は黒い丸薬です。

この匂いは正直言って焦げたような変な匂いです。

しかし、これは我々の年代だけでしょうが、

この正露丸の匂いが何か効きそうなのですね。

 この匂いはモク(木)タールの匂いだそうです。

ブナやマツなどの樹皮を炭化して、出てきた煙を冷却し、

液化してモクタールが得られるそうです。

なんと、木の焦げた香りだったのですね。

現在は、正露丸糖衣錠が発売されていますが、

甘い、白い、正露丸なんて、あれは勘弁して下さい。

あの味と匂いがいかにも効いている気がしますからね。


 匂いは、人種によって好みが違うことなどから、

これまでは匂いに対する情動や行動は、

生育環境や生後の学習の影響を受けて決まるとされ、

後から得られる、後天的なものと考えられてきました。

しかし、腐敗した食べ物や天敵の匂いに対する行動、

忌避行動が先天的に決められていることが知られています。

 匂い分子を感知して後天的に関連学習をするための嗅細胞と、

匂い分子の持つ意味を読み取って先天的な行動を引き起こす

嗅細胞が別々に存在していることが分って来ました。


以前テレビで男女のお見合い番組がありました。

男女が十人程集まって、異性に対して自分をアピールした後で、

最後に、男性たちが意中の女性の前に並び、

「こんな私ですが、付き合って下さい」と手を出します。

女性は、その男の手を握ってくれたら、交際が成立します。

でも、結構いい男と思える人でも、断られる事が起きます。

我々男性からしたら、これは不思議な行動です。

動物界や我々男性にとっては女性に対して、

持てる、持てない、という大問題があります。

しかし、ぶ男も持てる時があるのです。

それは自分の遺伝子と離れている女性が、

この世界には必ず居るからです。

 実は、動物には本能的に自分と離れた

遺伝子を取り入れる事が、最良いとされています。

遺伝子が離れているのは、色々な良い面があります。

一つに多くの病気の遺伝子が劣性遺伝子であるに対して、

優性遺伝がそれを抑えてくれています。

これが免疫力の強さと言われる所以です。

また、多くの遺伝的疾病は劣勢遺伝に在るのです。

普通は優勢遺伝が現れるのが、

この劣勢遺伝子が重なれば病気が出てきます。

よって、動物界でもオスが大きくなると

自分の群れから離れて、他の群れに入ります。

これを受け入れるのはメスです。

この遺伝子が離れているのを感じるのが、女性の嗅覚なのです。

実は、今までの恋愛においては、

男性達はこの女性の嗅覚でよって 選ばれていたのです。

男は顔では無い、なんと自分の体臭が重要なのです。

ぶ男も自分の匂いに救われると言えるのですね。

次は、「五香」に付いて書いて行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。