魏志倭人伝(1)帯方郡の街

2011/05/02 Mon

魏志倭人伝(1)帯方郡の街
(原文)
倭人傳

倭人在帯方東南大海之中 

依山島為國邑 旧百余國 

漢時有朝見者 今使訳通三十國

(読み下し文)
倭人は帯方の東南の大海の中にあり、

山島に依りて 國邑をなす。 古くは百余国。

漢の時に朝見する者あり、今は、使を訳し通ずる所が三十國。


(井案)
早速の原文で申し訳ありません。

宜しければ、飛ばして読んでください。

これは、皆さんが、後日 確認の為に 付けているだけです。

この文章が、有名な魏志倭人伝の出始めです。

早速ですが、「帯方」とは何処でしょうか?

漢時代には朝鮮半島には、楽浪郡が有りましたが、

今の北朝鮮の 平城の郊外とされています。

それよりも、南にあり、今のソウル付近だとされています。

ここに魏国の 最東端の直轄地と思われます。 

魏国の街いや 城砦が作られていたのです。

帯方は魏の国の 直接支配地ですから、

魏の国にとっては、ここが出発点として考えています。

ここから東南は 魏国に朝貢が有っても 他国になるのです。

帯方郡
(ウィキペディアから借用 三国時代の朝鮮半島の勢力地図)

我々の祖国である 倭国は帯方の街から

東南の方向の 海の中の山や島に頼っています。

倭人伝にも

「倭の地を考えるに、

海中の洲 島上に絶在して、

あるいは絶え あるいは連なり、

周施を 五千余里ばかりなり。」とあります。

中国は平原が広く、倭国は小さい島になります。

しかも、当時の中国では、

倭国を五千余里しかの認識しか持っていません。

これでは狭過ぎますね。(笑う)

この広さでは、セイゼイ九州か四国の半分までですね。

祖父が大戦前に中国の人を日本に案内した時に、

瀬戸内海を航行中にその中国の人が、

「日本が小さいと聞いていたが、

結構大きな河を 持っているではないですか」

と言ったそうです。

彼らは 瀬戸内海を 河と間違えるのだからな~

とよく言っていたのを 思い出します。


よって、この海中の山や島に頼っての表現は

ある程度 当たっていますね(笑う)

ここで国邑(くにとも)をなしています。

この時の国のイメージは国家ではなくて、

環濠に囲まれた 一つの集団のようです。

以前の後漢時代には百余国が存在していました。

しかし、今は30余国が朝貢していると解されています。

これは、倭国の弥生時代の大乱により、

統一されていったと言われています。


これは変ですね。何故かて?

後漢書にも同じ事が書かれてあります。

弥生時代の国とは今の大きな国ではありません。

環濠で囲まれていた、小さな町のようなものです。

また、この1つの町の力から考えてみますと、

手漕ぎボートを連ねて、他国を通り、命がけで、

単独で魏の国と国交できる力が有りますか?

有りませんし、それが、出来なかったと思います。

以前に、弥生時代の船を作り、

その船で玄界灘を渡った映像を見ました。

実際にこの様な船で!と驚いた事がありました。

やはり、当時の船でも、地元住人の航海路が

非常に重要であったに違い有りません。

弥生時代の倭国は 多くは中国の 品物が欲しかったのです。

特に宗教的な意味でも 中国の銅鏡が欲しかったと思います。

これが、簡単に手に入ればよかったと思いますが、

しかし、途中の国々がこれを妨害します。

何故ならば、自分たちの国が独占したいと思います。

特に銅鏡1枚で 当時の倭人たちの心を 

宗教的に 引き入れる事が出来たからです。

よって、30国の朝貢は無理だと思います。

また、100国が30国に統一されたとの考えですが、

弥生の大乱で戦争が起きていたのは確かです。

瓶棺墓の人骨からは矢じり(鏃)やら、

首が無い人骨が出てきています。

武器はどんなものだったでしょうか?

でも集団的な大きな戦にはならなかったと思います。

要するに、水利争いのような、

小規模な小競り合い程度だったと思います。

また、100国余り、は魏国前の後漢書の記述だと思われます。

統一までの力は定かではありません。

国はそのままで、連合の形態が進んでいるのでしょう。

この連合の代表が朝貢に来たのです。

連合の国の中の国が30国程というのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR