スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画「もやしもん」

2010/06/12 Sat

石川雅之作漫画本「もやしもん」6巻を読んでいます。

これは面白いです。

主人公は農業学校を飛び出してフランスに行っています。

初めはワインのウンチクで、

読んでいて、余り気乗りしなかったが、

フランスで繰り広げられるドタバタを通し、

色々な人間ドラマが面白いです。

何回も読んでいます。

読むほどに色々な事が見えてきます。

色々な物語が混在しています。

途中で横文字(日本語)がフランス語で、

縦文字が普通の日本語というのが欄外に書かれてあった。

もっと大きく書いてもらいたいです。

これで展開が更に詳しく読めてきました。

1週間読んだがまだ読みたいのです。

図書館の小林司書さん、ごめんなさい。

もう1週間貸してください。

お願いいたします~

6巻を待っている人はごめんなさい!
スポンサーサイト

コメント

Secret

名作

良い内容の本は何度読んでも、
いや、読むほどに醸されて(笑)、
自分の中で大きな知識を与えてくれると共に、
また別の方面からの認識を与えてくれたりしますね~。
私も2度目、読破中ですv-238

No title

私は1巻を読み始めました。
面白いですv-47

もやしもん

1巻では主人公が某農大の入学式後に
森の中で出会った。
アザラシのお腹の中で鳥たちの
発酵食品にはビックリしました。

あれはインパクトが有りましたね~
世の中にこんな食品が有るのかとも思いました。
見ているだけで鼻が曲がりそうでした。(笑う)

もやしもん

1巻のアザラシの漬物は、アザラシそのものを食べるのではなくて
お腹に入れ込んだ海鳥の内容物を、
しかも○○から啜り込むんでしょう?
如何な伝統食物とは言え、私はごめんなさい。NGです。
見ているだけで、!!!という食べ物たち。
先人たちの智慧とは言え、ってしまいますねぇ…
見ているだけで腎虚になりそう(笑)
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。