お土産

2011/08/21 Sun

先日、患者さんから桃のケーキを頂きました。
mail桃ケーキ

ケーキは桃の良い香りがして、
とても美味しかったでしたが、
このケーキの箱に書いてある事が面白くて、

mail案内桃

福島弁です。

「もものつくりがだ」この「がだ」は鼻に掛かるのかな?

1 ももはない、苗木からがら育だてんだげんちょ。

「桃栗3年柿8年柚須・・・」っつうふうに、
実がなんまで3年も掛かるんだよ。

(井案)
鍼灸師も3年掛かります。

高い月謝払ってさ、解剖、生理、病理、
東洋医学等その他色々を3年間も勉強するのです。

治療技術は安全に治療できるまでですので、
卒業してから腕を挙げるのに実践がいります。

それは実際の患者さんを治療する事です。



2 肥料もたっぷりない。(十分に要る事か?)

だけんちょやればいいってもんじゃねの。

タイミングが大事。

肥料やったら今度は水もたっぷりだがんね。


(井案)
肥料も必要だが、多く入れ過ぎると、根腐れ病になる。

これは鍼灸師と同じで、知識を急に入れると、
勉強を嫌いになり、専門学校を途中で辞める人が多くなる。

辞められるのは、それなりの理由がありますが、
残念な事です。東洋医学は楽しいのですがね~



3 なんつっても愛情だべ。枝も剪定してない。

咲くまでだって、やっこどいっぱいあんだから。


(井案)
成る程、何でも、育てるには愛情と手間と時間をかける事ですね。

急がない、慌てない、せかさない事です。

福島の桃も良いが、山梨の桃は美味しかったです。

初めは堅かったですが、日にちが経つと香りも強くなり、
口に入れると甘い香りが口一杯に広がり、
舌の上で桃がとろけてしましました。

これから日本は秋の桃、栗、柿の季節です。

また楽しみたいと思います。

mailレインボー薔薇

この様な変った鍼灸師を育てたいです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

福島弁

方言には、温かみがあって、非常に人間臭さを感じます。
この小さな日本にも、色々な地方があって、色々な方言があって…
鍼灸師の世界も同じですね。
色々な流派があって、時代を越えて伝わってきた。
私は縁あって、経絡治療の中でも、手から手へと、
確実に治すHow Toを、先生から教えて頂いています。ありがたいことです。
この素晴しい治療法を長く引き継いでゆきたいです。

白い月の風さんへ

方言は確かに温かみがありますね。
この桃の説明も産地とつながり、
同じ物でも方言で産地が別である事が分ります。

鍼灸師の世界も同じです。
患者は一人一人が全部違う人です。
初めは画一的な治療法から、
経験を積んで、個人個人の治療に成って行きます。

よって鍼灸師は毎日が勉強だし、
永遠にこれが続くのです。

初め学生の時は画一的な事を習いますが、
経験が加われば、少しずつ高度な事に進んで行くのです。
これが東洋医学なのです。

これらは一つ一つ自分で勝ち取るしかありません。
お互い頑張りましょう。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR