スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 癌の治療(3)

2011/09/05 Mon

癌の治療と東洋医学の考え。

解決策は気血を夜の内に体内に返す事です。


例えば、

昼間は活動の為に気血は
上部や体表部に集まっています。

活動時にはストレスも掛ります。

これは活動状態だから必要な事です。


しかし、この緊張状態が続くと、
夜になっても内部に気血が戻らないのです。

内部に戻らなければ、内邪に対抗できません。

内邪とは、身体の内部で起きた異変です。


胎児の変動、癌細胞の発生、諸々の調節
これらを調節しなければ、異変が生じます。

切迫流産、癌細胞の増殖、消化器やホルモン分泌調節


よって、気血を戻す必要があるのです。

これには色々な養生法があるのですが、
ここでは基本的な考えを記して、略したいと思います。


一番重要な事は、気持ちをリラックスさせる事です。

例えば、ユックリ散歩を楽しむ。

夫婦喧嘩や子供を起こるのは駄目です。

部屋の明かりを少し落として、軽い音楽を聴く
お風呂に全身を浸かって発汗をする。

この様にして、昼間の仕事を忘れ、
気持ちを安定すれば、気血は体内に戻り、
気血は自分の仕事をいたします。



西洋医学的に説明しますと、
外部から進入してきた、自分と違うたんぱく質(細菌やビールス)
に対しては、白血球が免疫力で攻撃して駆逐いたします。


特に癌細胞は厄介です。

そもそも癌細胞は自分の細胞の遺伝子が変わって
勢いよく増殖しているのです。

よって癌細胞に対する攻撃は一般の白血球では難しいのです。

例えば、敵の軍服を見れば見分けが付きますが、
味方の皮を被ったスパイの様な者です。

このスパイを見つけるのは大変な作業です。

どこで、教育された白血球が活躍するのです。

これがNK(ナチュラル・キラー)細胞です。

このNK細胞はストレスや疲れが起きると激減するのです。

それは白血球の教育が出来なくなるからです。

だから、人は夜は休む必要があるのです。

治療をだれると緊張した脈が緩みます。

それと共に、身体全体の筋肉が緩みます。

これは気持ちもゆったりしてくるのです。

だから白血球の教育にも力を出せて、
NK細胞を増やせるのです。


我々は仕事から家に帰れば、
気持ちを切り替えてリラックスする必要があるのです。


この時間や余裕の無い人は、
寝る前に足にお灸をすると良いのです。

しかも1壮(一部位、一回)で良いのです。

これで気血は体内に戻ります。

しかもお灸は免疫系の白血球を増やします。

特にコバルト治療や抗癌剤は白血球を減少させます。

お灸や鍼の治療は減少した白血球を増加させます。

睡眠前に足に施灸してくださいね。

PHILADELPHIAのCatherine頑張って下さいね~

来年の夏、再会するのを楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

Secret

癌は予防できないと思われがちですが、それは大きな間違いで、それこそ、東洋医学の独壇場になりますね。
鍼治療は、免疫力をアップさせますから、予防医学としてもってこいのはず。

昨日は勉強会をありがとうございました。
そして治療をもありがとうございました。
2日間、飲食出来なかっただけで、体重が4k落ち、ついにドクターストップがかかりました。
来週には持ち直せるように、頑張ります。
って、その頑張るのがダメだって、周りから言われてばかりなんですが(笑)


しつもーん

(井案)センセーこんにちは!
いつも読み逃げですいませんm(_ _;)m

気血ですか。なんだかいつも外に垂れ流し状態かもしれません。
リラックスするのって、思考が止まらないと
体が弛緩しないですものね・・・・。

そうすると、夜、自己啓発本を読んだり、
(好きでやっている)勉強することも、
本当はあまりよくないことなんでしょうか? 

ワタシ、典型的なちゃかちゃかオンナで
じっとしているのが苦手なんですが、
これはこれでいいんでしょうか???

そうそう、後だしですいませーん。
(井案)せんせ、リンク勝手にさせていただいちゃってますー!!!

白い月の風さんへ

白い月の風さんの言われる通りで、色々な病も
陰陽と気血を整えていれば、健康ですが、
これが大変なのですね~
師匠は時々悪い事もしなければいかないと言われていました。
よって子供には少しの寒さと、少しの飢えが必要だそうです。

これは健康な状態での事です。
病気がすでに発生していれば、陰陽に随った生活をすべきです。

白い月の風さんは頑張りすぎです。
仕事でも脊髄を折る程ですからね。
夜は心静かに陰の生活を行い、明かりも落とし、床に着くことです。


Hanakoさんへ

読み逃げでも歓迎いたします(^_^)
訪問ありがとうございます。
でもコメントして頂くと、大変嬉しいです。

座禅も「無」になることだそうです。
すると身体の力が抜けますが、
何か考えていると、身体が揺れるそうで、
この揺れを見つかると、肩にピシャリと打たれます。

師匠は夜遅く、難しい本やお金の勘定をしてはいけません
といつも言っておりました。
これは頭に血を登らせて、気血を中に入れていないのですね。

しかし、健康な時は、気を静める為の本ならば良いと思います。
健康な時は悪い事もOKですv-433

昼間は気血を上げて元気に動けば良いのです。
その分、夜は静かにすれば良い訳です。
そうすれば、また昼間に活躍できる、エネルギーを得れます。
これが理想の生活だと思います。
よってエネルギーが切れると1日中寝れば良いのですね。
また復活です~i-176
日本から遠く離れて、頑張って居られるのには敬服いたします。

リンク了解致しました。
こちらもさせていただきます。

No title

ご無沙汰しています。

3代目の盲導犬の仔犬「そら」は生後6ヶ月、体重は25kgs超えましたがまだまだ子供で大暴れしています。

眠る前の足のお灸ですが、どのツボがお勧めですか?
家族は塩原で鍼灸の治療を継続していますが、小生はワンコの面倒見で治療を受けられないので、お勧めに従い自宅でお灸をしてみようかと思っています。

那須のAー様

盲導犬の仔犬「そら」ちゃんはもう3代目ですか!
お世話になっております。名前は松尾芭蕉の付き人の様で良いですね。
お灸の話ですが、施灸の基本は陥凹した部位にします。
普通は盛り上がった所や痛い部分に施灸しているのは間違いです。
それから左右対称に施灸するのも間違いです。
必ず片方だけにして下さい。
那須のA-さんは内踝の下の陥凹部に施灸すると良いと思います。
理由はいつか那須に行った時お会いして話します。
「そら」ちゃんのお世話宜しくお願い致します。

No title

沢庵先生、
今夜からご教示いただいた箇所のお灸を開始します(最近右ひざが痛むので右足で)。小生の友人のY氏とO氏がお世話になっています、よろしくお願いします。先生が塩原在住時代の「アビー」は家庭犬として宇都宮の家族のもとに引き取られました。2頭目の「エリオ」は那須に住む小生の友人に引き取られて幸せに暮らしていて、時々面会しています。現在育てている「ソラ」が今までの中では盲導犬になる可能性が最も高い感じがしていますが、それでもフィフティ、フィフティだと思います。塩原・那須方面にお出での折にはご一報ください。

那須のAーZAWA 様へ

ひさの痛みは大変ですね。
塩原の臨床室も山中でしたから、
初めは殆ど患者さんが来られませんでした。
膝の痛みの患者さんから広まったのです。

膝の治療は痛い膝を治療してはいけないのです。
少し離れた部位にしていますと、治ります。
しかし変形は治りませんが、腫れや痛みとかが取れるのです。
本来はこれで十分ですが(笑う)

Y氏とO氏様は来られています。
鉄人O氏さんは帰るとき、杖を忘れたりされています。

「アイビー」「エリオ」「ソラ」と3頭目とはビックリです。
別れが辛いから、2頭目は止めると聞いていましたから、
今度塩原に行った時は宜しくお願いいたします。
「ソラ」君に会えると嬉しいです。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。