スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃病(6)

2012/01/30 Mon

胃病(6)

寒いですね~記録的な寒波ですね。

乾燥と寒気でインフルエンザが流行しております。

(*_*)

昨日の日曜勉強会は無事に終わりました。
皆さん足の陽明経筋系で「え~ッ!」と盛り上がりました。
治療上の疑問が解けたそうです。
今回はもう少し胃病と続けます。

(本文の3節)
病至るときは則ち人と火を悪む。


(井案)


病が進むと人と火を避けたり嫌ったりします。

変な話ですが、この様な病人が居るのです。

最近はこの人が増えてきていると言われています。

(´・д・`)

顔に熱が篭っている状態が続きますと、
人は自然に熱を避けようと致します。

喉も渇きますので、
氷をかじる行為や、冷たい飲み物を好むのです。

中には扇風機に顔を当て続ける人もいます。


(-_-;)

この行為は治療には逆である事がわかります。

益々病気がひどくなる事も分りますね。

この人は早く治療しないと、

次には膝が痛い~、
大腿部の筋肉が痛い~、
お腹が痛い、呼吸が苦しい~


さらに進むと次第に歩けなくなってゆきます。

(´Д`)

医者には運動を勧められますが、
とても歩けたものではありません。

直ぐに足が痛み、疲れてしまうからです。

特に、大腿部前面の痛い部分などの
直接の治療は最悪です。

治療直後は筋肉が緩んだ錯覚がありますが、
治療を重ねている内に
益々筋肉の硬直を引き起こします。


更に便秘を引き起こします。
このConstipation はいけません。

便秘とは気の流れを止めているから起きます。

便やオナラを出すと、
一時的に気が流れますから
気持ちよくなるのを感じた人も多いと思います。

それは一時的ですが気が流れるからです。

(゜_゜)

胃病の病気が進むと人と火を避けます。

これは人も火も熱を盛んに出ているからです。

胃経の変動の病から、
自分が過剰な熱を出しているのです。

だから自然に熱いものを
避けようとする傾向があるのです。

よって熱を出している
人や火などの全ての物質を嫌い
避ける傾向があるのです。

(^з^)

さてさて、どのよな病気でしょうか

人に会わないのは困り者です。

治療ができません。(笑う)

スポンサーサイト

コメント

Secret

うつ病?

全国的な寒波の中で、
新潟県は平成18年以来の豪雪になりそうです。
私の所は平野部ですから積雪量はたいしたことはなく、
雪かきしていない庭におりてみたら60㎝くらいかな?
それよりもしばらくぶりに「つらら」ができていました。(ちょっと大きめ。)
夜は本当に外では何の音もしなくなります。
雪女以外は誰も動いていないんじゃないかなぁと思う位です。

胃経の変動。
是動病だとおもいますが…。
頭に浮かんでくる症状は「ひきこもり」とか「うつ病」と言われるもの。
熱があるのですから食欲不振にはなっていないんですよね。
2リットルの炭酸飲料を多量に飲み、ペットボトル症候群で体重が増えて、
膝に痛みがでるようになるくらい太ってきて、ますます動かなくなり、
の悪循環で病気がますます悪化する。
という例が思い浮かびました。

この寒さは立春までだそうです。
暦の上での春ですが、それでも「春」という音には暖かさを感じます。

No title

本当に寒い毎日です。お元気の様で安心しました。
「うつ病」とか、「引きこもり」など、胃経の病気に入るのでは?と、思いました。
胃には熱がありますから、食欲は落ちません。
部屋にこもって、ジャンクフードを食べ続けたり、
ペットボトルを持ち込んでがぶ飲みし、肥満が進む…
悪循環ですね。
こういう病にならないよう、気をつけなくちゃ…

わんこ さんへ

こめんとありがとう。
今年の寒波は凄いですね。
氷柱は塩原の時は大きかったですね。
関東は霜柱です。
最近は「雪男」の話は聞かなくなったですね。

去年の夏も記録的な暑さでした。
やはり、異常気象は起きているのでしょうね。
今年は何が来るのやらと心配ですね。
杞憂になれば良いのですがね。

胃経の変動は面白いです。
これらの病気が鍼灸で・・・と一般の人は思うほどですが、
これが結構来られまして、結果も良いですよ。
機会が有れば、わんこさんも挑戦して下さい。

白い月の風さんへ

いや~~実に寒いですね!

実は元気ではありません。
寒さの為に体力が落ちております。
よって、現在私の身体の中では色々な不調が起きています。
自律神経がバラバラというか、失調症でしょう。

今は患者の気持ちを、
少しでも体験できるかなとも思っております。
宜しければ私の治療をしに来て下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。