夏の健康飲料

2010/06/21 Mon

暑いときはどの様な飲み物が良いでしょうか

以前小寺先生が、ある大きな会社の社長を治療した時のお話

某社長「夏になると社員が病気をしてねぇ、見舞金だけでも大変なんですよ」
小寺先生「夏に合った健康な飲み物がありますよ。」

某社長「え!それは何ですが、マムシドリンクの類は高価で駄目ですよ、
  高価なものは長続きしないし、とても社員全員には配れないからね」
小寺先生「心配要りません、とても安いものですよ」

某社長「それは助かります。是非教えて下さいよ。」
小寺先生「作り方をお教えしましょう」
  「麦茶をベースにその半分の量の薏苡仁(はと麦)  
  さらに、その半分の量の決明子(ハブ茶)の配合したお茶です」

某社長「それなら簡単だし、原料が安いので、各部署の置けますね」
その社長は早速会社の各部署の水のみ場にこのお茶(常温)を配置しました。
これが功を奏したのか、夏に病気で休み社員は激減したそうです。

某社長は早速小寺先生に報告しました。
某社長「ありがとう、お茶はポケットマネーでまかないましたが、
   見舞金よりも、うんと安く付きました」
と喜んだとの話をされていました。

この理に適ったお茶の説明は次回で行います。
ヒント:夏の気候、浮脈

分った人はこのブログを良く理解されている方です。
お褒めします。

スポンサーサイト

コメント

Secret

夏に合った飲み物

夏は暑く、気を発散させる季節ですから、浮脈になるはずです。
その脈を虚させない処方が、この飲み物になると思います。
小麦はお腹を温め、渇を止め、煩を止める働きをし、
薏苡仁はその主治は浮腫です。
クーラーで冷えて、浮腫みやすくなっている身体を暖め、
熱を消し、和を致します。
決明子は上衝した気と水毒を引き下げる効果があり、
目を明るくします。
よって、この3種の処方により、お腹を温めて、浮脈になっても
実脈のままという事になりましょう。
如何でしょうか?

小寺式夏に合った飲み物

素晴らしいです。
打てば響くとは白い月の風さんですね。
文句なしです。
今後とも宜しくお願い致します。

お試し

ハ~イ、早速この夏に試してみます~
はと麦でお肌つるつるに成りたいです~
脂質が出来るから、細菌にも強いのでしょ?

トライ

お試しあれ!
薏苡仁はイボ取りで有名です。
表皮に脂質を供給すると思います。
夏の細菌に対抗してください。
アトピーや乾燥肌には最適ですよ。

美しくなって青春を取り戻して下さい。
しかし入れる量を多くしないで下さいよ。
何事も程々が一番です。

夏の健康茶を新発見

  麦茶ベールに はと麦と ハブ茶ですか?
へぇ~~~~~”””

狸は 暖かい緑茶ばかりですが 夏も麦茶を作りませんでした。
中国では 冷たいお茶を飲むと 病気になるといって 

昔は決して飲まなかったそうです。
今の若者は 冷たいのも飲む人も 居るそうですがね・・・

狸は 中国の真似をしたわけではありませんが 暑い時こそ
熱いのを ふぅーふぅー”” 飲んだ方が 美味しいからです。
でも 良いことだらけの このお茶なら 作ってみるべきですね。
試してみま~す。

夏は よく熱をだし ふわふわの 浮脈でしょうから、
自分のお腹の中を 温めたいと思います。

今日は 久々の 晴天ということなので 大洗濯でした~。

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR