スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魏志倭人伝(22)

2012/04/04 Wed

魏志倭人伝(22)国王

(倭人伝 原文 伊都―4)
「有 千余戸 世 有王 」

(井案)

上記の原文から何が見えて来るのでしょうか。

済州島も6世紀までは独立した1つの海洋国家でした。

海女さんが漁をして男は家で子守だったそうです。

まさに海岸部の倭国の生活状態ですね。

(^ω^) 海岸部の女性は強いのです。生活力があります。

対馬海峡の対馬や壱岐や松浦も同じです。

博多湾の能古島や志賀島や
宗像市も同じ独立海洋国家だったでしょう。

この時代は各々海の民族が独自の航路や魚場を持っていて
力もそれなりに強かったのだと思います。


そこに内陸の邪馬壱国のような連合国が侵入してきたのでしょう。

(-_-;) 1寸先は闇、長いものには巻かれろだ

對海國(対馬)は1000余戸 

山険しいく、平野が少ないため・・・云々

一大国(壱岐)は3000余戸 

島ですが、当時では最大級の環濠都市があった。

末盧國(松浦)は4000余戸

松浦市から唐津市に至る広い地域。

伊都国などの海に面した国々は、どこにも属さない
海の民国家、または交易国家でしたが、
遺物からは一部女王国に属して行きます。


それは、邪馬壱国の勢力範囲だったことを示しています。

次の原文には、
「 世 有王 」

これは、「世」から代々王が居たと言っています。

伊都国には王の家系が続いていたのです。

ここの国だけがこの表現がなされています。

以上から伊都国は邪馬壱国にとって
格段と扱いが違っていたのではと思われてくるのです。


それは「大率」が派遣されている事があります。

今後 奈良時代もこの伊都国が防衛の要と成ってゆきます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

梅の花

9日、こちらは強烈な強風でした。
でも、気温が上がったので、新潟市では梅が咲きました。
さて?そちらのお向かいの家の梅は…?

魏志倭人伝では、
それぞれの島の独立した性格がよくわかりますね。
現代でも、島やリアス式海岸の湾内の集落などは、
それぞれの習慣や基質などが、少しずつちがうようですからね。
交通手段が発達していなければ、それぞれの土地の独自性が出てくるのでしょう。
邪馬台国は、この移動手段をもっていたから、他の国を従えることもできたのかなぁ?と思いました。

余談ですが、佐渡のこと。
同じ新潟県でも、内地と佐渡では方言や伝統芸能などが違いますね。
直接佐渡の方言をきいたことはないのですけど、佐渡では語尾に「チャッ」と付くそうです。
内地では語尾に「ろぉ」(私には、ろとれの中間のようなあいまいな発音に聞こえる。)
流刑地で歴史に名前が残っている人たちが来ているようですから、そんなことも関係してくるのでしょうねぇ?
余談終わり。

さて、これから魏志倭人伝はどちらに向いて行くのでしょうか?
カピパラ先生へ。

わんこさんへ

9日の日本海上の爆弾低気圧はビックリでした。
あの強風はこちらも台風並みでしたね。
その前は気温が上昇して、長袖1枚でも大丈夫でした。
臨床室の前の枝垂れ桜は強風を無事に乗り越えていました。
今は川端の桜並木が満開で見事なピンクのトンネルを作っていました。
隣の梅の木は残念ですが・・・バッサリ切られてしまいました。
跡地には新しく家が建ちます。

魏志倭人伝の今後は今の原稿では、
伊都国の不思議が当分は続きます。
現地を歩いた事を書きたいと思います。
原稿を読み返していると、もう一度確かめたい所もありますね。
しかし関東からは福岡はチョイと行けないのが残念です。
伊都国を出たら新説を発表したいと思います。
それまで伊都国をお楽しみ下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。