スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五味(16)食事会

2012/05/01 Tue

連休前半です。

やっと関東では気温も天候も
五月晴れを期待できそうですが、
連休中盤は雨との事です。

雨を楽しむ連休ですかね。

連休前半鎌倉食事会に行って来ました。

今回は中華料理です。

これはほんの一部です。
鎌倉食事会4-30
左の餃子が面白いのです。

食べた時にレンコンの歯触りを感じます。

これが新鮮な感じが致しました。

中身も色々と工夫がされて、風味も良かったです。

真ん中の海老が実に美味しかった。

食べた時に海老の味が口の中に広がり、
とても旨いのです。

それは思ったよりも、少し薄味だったからです。

この海老チリならば幾らでも食べられます。

(*^。^*)オイシイ~

料理人は右下のスープが自慢の味と言っていましたが、
味は良かったのですが・・・

普段家庭料理に慣れている私の舌では
少し塩辛かったのです。

これが残念です。


実は腎虚証の人は塩味に敏感な人と鈍感な人を2種類あるのです。

これを作った料理人は腎虚証で塩味に鈍感なタイプだったのでしょう。

この様に料理人は何時も体調を整えておかなければ
折角の料理も偏った味になってしまいます。

健康が味を左右いたします。


以前にも書きましたが、
朝の味噌汁の味が塩辛かった時、

それを飲んだご主人は妻に向かって、
最近少し疲れたのですか?」

と尋ねてみるのも良いと思います。

塩辛味の鈍感は
妻が腎虚証になっている事を暗示しております。

少し休みを取ってみますか?」
と話が進展すれば最高ですね。

五味(病人の好み、要求の味)
 代表 肝―心―脾―肺―腎
 五味 酸―苦―甘―辛―鹹

これは他の味にも言えることです。

よって五味の変化は大切な病気のシグナルにもなるのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。