(5)お詫びと病気の傾向

2012/06/11 Mon

脾虚証(5)脾虚証の病気傾向

はじめに

先日の土、日曜日はメンバーが違いますが、
経絡治療の勉強会でした。


土曜の会では、
この脾虚証の話題になりました。


脾虚証の特徴の人の実名で次々と上がってきす。

話を聞いていて、なるほど~と
言われて初めて気が付きました。


皆さんは上手く人を観察しているのですね。



それから、大変な誤解を私はしていました。

土曜会の人に指摘されました~
前回の記事で「男が憧れる、髪結い亭主」ですが、
この亭主は家事全般をしなくてはいけないのでした。


これは知りませんでした~(赤っ恥)
(=_=) ゴメンナサイ

私は単身赴任を10年近くしたにも係らす
家事全般となると…私には無理です。
(+_+) タイヘンダ~

家事を甘く見てはいけませんね~
ここで、大きな誤解をお詫びと訂正したいと思います。


話は変わりまして 
( ^)o(^ ) ハハハ…ト ゴマカシ…ビョウキダ~

関東も梅雨に入り、毎日ジメジメしております。

この湿気は我々他の虚証の人間と違い
脾虚証の人は大いに耐え難い時間です。

(?_?) ナンデ~~??

それは、脾の力は皮下組織の水分を
排泄する事に関係しているからです。

脾の力が弱いと、浮腫みを生じます。

(―_―)!! 脾のチカラ ガ タラナイ…

長期に浮腫みが起こりますと、
皮下組織の膠原組織に負担が掛かり、

今は難病に分類されている、
膠原病に近づく危険があります。



この浮腫みは腎臓に関係がないので、
無理矢理利尿すれば腎臓に負担が掛かります。

これは治療方法で説明いたします。

(*^。^*) サキオクリ デス


次回は脾の陽性タイプの病気の傾向を送ります。
スポンサーサイト

コメント

Secret

先生、変わらずお休みなしのご様子ですが…
腎虚証からは脱却されたでしょうか!?

梅雨前線も順調に!?北上しているようで
雨も必要ですが、ほどほどにお願いしたいものですね。
女性の浮腫みは特に気になります~

話は変わりますが
どこかに‘そんな亭主’がいないでしょうか

一支国娘さんへ

私の腎虚証は大変に疲れた時の一過性です。
皆さんの治療で、直に復活しております。
復活しているからチョコマカと動けるのです。
でも・・・、
夢は南国の島でハンモックに揺られたいです。
または、10日間ほどの豪華クルージングも良いですね~

江戸時代は全員ちょんまげスタイルでした。
よって、髪結い職のご婦人は大忙しかった、
また収入も良かったのでしょうね~

よって、その亭主は遊んでプラプラしていた・・・と
遊び人の代表選手のような存在を思われていたのですが、
しかし、女房は忙しいのだから家事全般は出来ません。
これは仕事の分担で、そのご主人が引き受けるという寸法ですね。
表の良い事は、裏では大変なのでしょうね。

多くの動物はメス♀がオス♂を選んでいるそうです。
人類も同じではないでしょうか、
決定権はメスが握っています。
しかし、りんごも食べてみないと分りません。
馬も乗ってみないと分らないと言われます。
ヒトも添ってみないと外見だけでは難しいので、

そこで嗅覚も女性の六感も必要なのでしょうね。
これらを駆使して、探してみて下さい。
近くに良いのが必ず落ちているものですよ。

カピパラ先生へ

新潟県も梅雨に入りまして、シトシトと雨が降りながら、
次の日は気温が上がってムシムシとして、耐え難いです。
蛙も相変わらず、ケロケロと鳴いて、
田んぼにはおたまじゃくしでいっぱいだそうです。(農家の患者さん談)
朱鷺のニュースも毎日放映されており、
巣立った朱鷺の若鶏が餌を探せるかどうかが話題に載っています。
ぼやき川柳という番組で読まれた川柳で、
おもわず笑い出し、うなってしまった一句です。
「オレ蛙。朱鷺に捧げる この命。」

(5)脾虚証の病気の傾向を読んで。
脾虚証の陽性と陰性を比較してみますと、どちらもやっぱり働き者という感じがします。
私がイメージしましたのは、
陽性は、商家のおかみさん。
表向きも奥向きのこともてきぱきと支持してこなしていき、もちろん自分もよく働いておられる。
陰性は、武家の奥方。
表にはめったに出てきませんが、奥向きのことはキチンと把握していて、さりげなくこなしておられる。
このような印象を想像いたしました。
また、脾虚証が湿度に弱いということから、
近頃は見かけませんが、高齢の女性が膝を痛くしたり、足がO脚に変型したりして、働きすぎの脾虚証の女性だったのでしょうか?
山紫水明の国といえば聞こえはいいですが、
昔の日本女性の仕事と言えば、
一部特権階級を除けば、水だらけの環境だったと思います。
湿度が多すぎるということは、「冷え」につながるのでしょうか?
もうひとつ質問。
脾虚証というと女性が多いようですが、男性もいるのですよね?
性質や病気の傾向には男女差はありませんか?
以前にお話しされたような、されなかったような…。
よろしくお願いいたします。

わんこ さんへ

オレ蛙、朱鷺に捧げる・・・の川柳は上手いですね~ッ
今や朱鷺は時の人ですからね。(笑う)

また脾虚証の陰と陽を武家と商家に例えるのは良いですね。
これぞ昔の日本ではと言ったご婦人の姿でしょうね。
ある一定の証で留まっているのが体質です。
この証が酷くなると(進むと)身体が辛く感じるのですが、
特に辛いのは、一時的に証が変化した時です。
この変化したときが一番辛いようです。

私だって、風邪を引きます。下痢も便秘にもなります。
円形脱毛症だって、腰痛だって起こします。
急に証が変った時は身体の症状も体質も変るので苦しむのです。
でも腎虚にだけは成りたくないですね。
あれは物事をやる気力が無くなりますからね。
病気は男女差がはっきりと現れています。
これはまた病気でお話いたします。

「山紫水明」は良い言葉ですね。
昔の日本の自然を全て言い表しているようです。
四畳半の座敷に二畳程の書斎と少しばかりの水屋から外に出たら、
紫に燃える山に清らかな小川の流れに接する。
狭い空間から突然に広い自然に出た気分です。
この雰囲気が日本ですね。

しかし台風は堪えますね~
昨夜は風で家が揺れました。
被害を各地に出して、
台風4号が過ぎた後は蒸し暑さに参っています。
次にまた台風が続いているので心配です。

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR