お腹の冷えは危険

2010/06/25 Fri

前回、皆さんのコメント欄で殆ど答が出たようですが、
改めて回答をまとめたいと思います。

皆さんの漢方的レベルの高さにビックリしています。
私も確り勉強して、次からの問題も考えて行きたいと思います。

1.夏の練習場に冷たい飲み物を置かない。
理由:冷たい飲み物は怪我人を呼ぶからです。

夏の時期は外気が高いために気血が、
体表面に集まっていて、脈は体表面に近い形の浮脈を呈します。

しかも、運動する事で体熱を発散するために、
更に気血は表面に集まっています。

この時は身体の内部には気血は少なく成っています。
その時に冷たい物が急にお腹の中に入ります。

これは城の搦め手から攻め込まれた城方の様相です。
混乱の中に落城は必然的に起こります。

お腹が冷えてしまうと力が入りません。
もちろんお腹が冷えると
夏の下痢、
夏の風邪、
夏の長咳、

夏の諸々の内臓疾患も直り難いのです。
それはお腹の中に「冷え」が在るからです。

皆さんも暑い時に、
冷蔵庫から冷たい飲み物を

一気飲みしてみた事を思い出してください。
汗が吹き出て、足がガクガクトした感じになりますね。

しかも足の力が抜けたようになります。
これはお腹の中と足は連動しているからです。

お腹の中は陰で下半身は陰、更に下の足は陰中の陰です。
これでは運動が出来ません。

無理に運動をすれば、怪我は必然的に起こります。
まるで城が落城するかの様にです。

次回はこの治療法です。

スポンサーサイト

コメント

Secret

納得です!

東洋医学の英知は素晴しいの一言に尽きます。
身体の陰陽の見方を改めて認識いたしました。
冷たいものに攻め込まれた身体が、
冷えた内臓を温めようとして大混乱に陥るのが目に見える様です。
こうなったら、大混乱を沈めて腹中を温められるようにしなければ、
足がもつれてしまいますねぇ…
弱い人だったら、寒が陰に入り込んで浮腫など起こしそうです。
陰の気は下がる一方、陽の気は上がる一方で
陰陽が分裂してしまいそう。
最近は運動会などでも、クーラーボックスで冷やした飲み物を飲んでいるのを見かける事が多いですが、非常に危険な事なのですね
多くの人が、この事実を知るべきで、それには私達治療家が、
きちんと指導できなければ伝わってゆきません。
勉強する事の大切さを改めて思いました。
治療偏に益々期待します!
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR