スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体を温める。

2012/09/20 Thu

身体を温める。

今年は記録的な暑い日が続いております。

今日も暑くて~^^;お彼岸近くまで残暑が続くとはね~

二酸化炭素にある保温力が、
地球温暖化を急速に進めているのでしょうか?
と考えたくなりますね。

(+o+) アツイネ~

この二酸化炭素は地球だけでなく
身体も温めるのです。

細胞内のミトコンドリアは糖を分解し
エネルギーを作ります。


その時に出てくるのが二酸化炭素なのです。

身体はこの二酸化炭素を早く
体外に排出しなくてはいけないので、
肺に速やかに送る為に血管壁を開きます。


血管が開けば血行が良くなり、
身体が暖かくなるのです。

( ^)o(^ ) アタタカイ~デス。

これを利用したのが、
入浴剤の発砲炭酸ガスです。

炭酸ガスが血管を広げ身体が温まるのです。



塩も身体を温めます。

炭水化物や脂質を取るよりも
タンパク質を含んだ食事をすると身体が温まります。

これは特異動的(とくいどうてき)作用と言われ、
消化する時に熱を発生するからです。


タンパク質が少ない食事でも
塩を入れると血管を広げ身体が温まります。


これで昔の東北やロシアの人は
塩を多く取っていたのですね。


また塩分は外部からの刺激作用で
体表の毛細血管を広げるそうです。


温泉にも塩(炭酸ナトリウム)の温泉にも
この作用があります。


だから昔の入浴剤は少し塩分を含んでいたので、
よって、お釜を痛めると言われていました。


塩原在住時代に手拭いが凍るような真冬の寒い夜道も
温泉帰りはポカポカしてそれが
寝室に入っても続いていました。


これも塩泉の温泉のお陰です。

mail塩原正門
(塩原センターの正門左、臨床室から撮影)

大正天皇の保養所でしたから、その様な面影の門です。
当時の防空壕(大戦中は皇室の避難所の一つでした)も
公開中だそうです。

今となっては、屋根から下がっている
あの氷柱が懐かしいです。


今年もお彼岸が過ぎれば
本当に秋がくるのでしょうかね~
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは。
今回も大変良いお話を有難うございました(^O^)/
塩には身体を温める作用があったのですね~。
塩と言えば、取り過ぎてはいけない、ということばかりに注意が向いていました。
適量の塩分は身体に良いということですね。
寒くなったら、より上手に使いたいです(^^)

身体を温めることは、万病の予防になるような気がしています。

ちなみにこちらの温泉も、しょっぱいです~(>_<)
本来は色が茶色なので、鉄やミネラルが豊富なのかもしれません。

お彼岸ですね。
夜は20度を切るようになって寒く感じます。

季節の変わり目ですから、体調に気をつけたいものです。

カピパラ先生へ

15日の土曜会では、お世話になりました。
最近、魏志倭人伝が書かれていないなぁ?という私の疑問も晴れましたので、
臨床 +趣味のお話で有意義な一日でした。
ありがとうございました。

さて、今回の暖かいお話は、これからの季節に体節な事柄ですね。
夏に暑いと、冬は寒くて雪が多いと地元の方が言います。
今からでも暖房にたよらない、自分の体を自分で暖める体質にしていかないといけませんねぇ。
体が冷えるとろくなことはない!!
ということを、今年の夏に体験済みですから。(苦笑)

それに大変な寒暖の差で、あの御彼岸前の、37度という気温から、22度という差はどうしたことかとかなり不機嫌になってしまいます。

一支国さんへ

こんばんは。
塩は人間には必要で、東洋医学でも特に腎を養う物質ですからね。
「敵に塩を送る」も有名な言葉ですね。
西洋では(塩・サルト)サラリーの語源だそうです。

言われる通りで、ただ適量が重要です。
よって小寺師匠は減塩食事は危険だ~と言っていました。
ブログでも紹介した。前漢時代の武将韓信の話でもしましたが、
気を弱らせます~気を付けてね~

壱岐国も温泉が有りましたか!
それは良いですね~私は湯船でチヤッポンです~


わんこさんへ

今回の土曜会は楽しかったですね。
古典講読でなく、皆さんの治療相談でしたね。
我々はやはり治療の話が一番楽ご存知のように
諸藩の事情がありましてエへへ
その内に初めますので、その時は応援を宜しくおねがいします。

新潟もこれから寒くなりますね。
身体を温めるのには気を付けて頑張って下さい。

それから~温め過ぎると、返って冷えて来ますよ~
これがへそ曲がりの漢方ですからね~
そこは適当にね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。