スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)体質

2012/10/07 Sun

肺虚証(1)体質
(イアン)
秋らしい気候になりましたね。

我々勉強会の有志が集まり、
秩父でバーベキューを開きました。

お昼前に西武線で2番目に利用客が少ない駅に集合して、
駅から現地に山道をテクテクと歩きました。

皆さんは急な山道を足が痛いだの腰が痛いと
不平を漏らさずに確り歩いていました。


実は私、水先案内人が道を間違えて、ウロウロと・・・
しかも同じ道を2回も間違えるのは異常です。

人の名前も覚えられない、道も覚えられない
これって、キット健忘症か痴呆症の始まりです。

mail芦ヶ久保バーベキュー
バーベキューが始まると、足の痛みも忘れて、
楽しく秋刀魚やホタテ、ホルモンに舌包みを打っていました。

やはり秋刀魚は炭火が一番ですね~
美味しかったです。

mail芦ヶ久保バーベキュー1
雨でも屋根付で大丈夫です。

それよりも勉強会の時と比べて、皆さんは
話題が豊富で、会話が楽しかったのが印象的です。

日にも焼けて、健康的でした。
これなら毎月開催したいですね。


(井案)
去年の三月に東北の大震災で中断していました
肺虚証について初めたいと思います。

肺虚証の体質について
肺虚証とは美人薄命というイメージがあります。

それは、昔は肺結核という
重篤な病が起こっていたからでしょう。

多くの白い人が亡くなられました。

よって、現在の日本では一時は
色白の美人さんは壊滅状態でした。

代わりに顔黒ねえちゃんが幅を利かせておりましたが、
最近は色白が復活しているようです。


あれ!ハハハ…話が混乱いたしましたので、
肺虚証の本来はどの様な人を指すのかを考えてみましょう。


現在はこの肺結核は予防法で殆ど発病していません。

しかし体質は残っているのです。

この人達はその様な体質であるかを
秋なので検証してみたいと思います。


私は肺虚証ではありませんが、
確かに肺虚証は美男、美女が多いのです。

脾虚証は女性に多いのですが、
肺虚証は男女にあります。

女性は色が白く痩せている人が多いので、
美人タイプと言えます。

しかし、普通の体系でも肺虚証が居られます。

男性ならば水もしたたるイケメンです。

だから、異性から肺虚証を見ると、
何処からともなく手伝いや助っ人が現れるのです。

本能的に助けて挙げたくなるタイプだからですね。


肺虚証は何故痩せている人が多いかです。

中にはダイエットで痩せておられる人も居ますが、
一般には肥れないのです。

これが激しくなれば、
一種の摂食障害が起きています。

肺虚証の摂食障害は拒食症に近いのです。

中には痩せて良いな~なんて思われる人もいますが、
肥れないのも大変なのです。

これは肺経に関係あるもので、
兄弟関係の腎虚証も同じです。

これは経絡で説明いたします。


肺虚証にも陰性と陽性があります。

次回は陰性体質から説明いたします。

(イアン)
今回の「体質」の内容は如何でしたか?
やさしかったでしょうか? 
むずかしかったでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

Secret

なるほど〜

美人薄命というのは、本当に意味がある言葉だったんですね。
さて、人間五十年の時代から比べて、飛躍的な進歩を遂げた医療と食品生産性ではあるけれど、人間の体の本来の力はそんなに早く対応できるのか、と思うのです。
つまり、医学の進歩と食品供給率で「生かされる」けれども、本来の人間の体力や生命力というのは、どれだけのものなのだろうか?
成長ホルモンと抗生剤で生産される食材と、化学調味料や人工的な糖質や脂質を含む食品で、人間の体質、遺伝子そのものまで影響されるんじゃないんだろうか?
そういうことで生まれる肥満というのは、その人が遺伝によって受け継ぐはずだった体質と、違うモノになっているんじゃないか?
と、最近は事細かに食品のラベルを読みながら買い物をしていますが、それでも疑問は膨らむばかり。
基本的な「人間の体質」、もっと知りたいです!

Kayさんへ


全く、そうなのですよね~
人間の身体はそう簡単に短時間で対応が出来ません。
他の動物と同じでユックリ時間を掛けて今日に身体を作ってきました。
これが東洋医学では自然に対応した身体が一番と言われているのです。

例えば緊張した筋肉に直接刺激を与えて緩めても、これは見せかけです。
本来の人間の体質を考えていないのです。
その所をもっともっと療法家は知って頂きたいのです。
一般の人も理解していただいて、筋線維に傷を付ける直接強刺激の
見せ掛けの治療を見抜く力を付けてもらいたいのです。
言われる通りに、化学合成物質からも、
今は自分で守るしかありませんね。

No title

一寸入院しておりまして、ご無沙汰いたしました。
はい。今年も、入院した次第です。
中々、丈夫になるのは大変なことですねぇ。
肺虚証のお話、解り易い導入でありがたいことです。
学習した事でも、人間は忘却いたしますから、
PCで学べる先生のお話はとても嬉しい事です。
肺虚証の体質のお話、楽しみにまた伺います。

白い月の風さんへ

入院とは大変でしたね。
もう、大丈夫なのでしょうか?

今頃は気候が急変したします。
この気候に人体の内部環境が付いて行くのは大変です。
元気な人も時に風邪を引く場合もあります。
体調に気を付けて、ご自愛下さい。

肺虚証の話を支持して頂きありがとうございます。
1年半振りの話ですので、
初めから始めたいと思いますが如何でしょうか?

何か気付きの点が有りましたらお知らせ下さい。

秋の肺虚

わんこには、芦ヶ久保への日帰りはやっぱり遠いなぁ。
クンクン、匂いだけかいで、ガマンガマン(苦笑)

さて、好漢医学林も新シリーズの開始ですね。
肺虚証の体質となると、どなたかな?と、やはり自分の周りにいる人々をさがし思いはじめますね。
この体質ですけど、結核がほとんど見られなくなった今日でもあるということですから、
生まれ持った物とそのごの生活で作られていった物が混ざってできあがっていくのでしょうか?
そうだとしたら、Kayさんがかいていられるように、現在の食品にふくまれているものが、体に与える影響に「人」はついていけているのだろうか?
また、この「秋なので検証してみたいと思います。」は、色体表で肺は秋に分類されているからですか?
これからの肺虚証についてのお話が楽しみです。
肺虚証タイプで思い出しましたが、亡くなったカレン・カーペンターさんの風貌は、
細身でやさしげなかんじだったような気がします。声もやさしく透き通ったような美しい声でしたよね。
彼女のなくなった原因は、摂食障害だったと思います。
肺虚証タイプはこのような感じですかねぇ?
今日からまた、気温が下がっていくようですね。
気温の変化と秋の味覚の食べすぎにならないように、
お体ご自愛くださいませ。(にこにこ)
カピパラ先生へ。

わんこ さんへ

芦ヶ久保のバーベキューは楽しかったです。
でも日帰りで、しかも道に迷い、山歩きでは、
少し遠いでしょうね~(苦笑)

好漢医学林新シリーズと言われても去年のおさらいです~
気楽に参加して下さい。
面白いか、つまらないかでも良いですよ~

Kayさんが言われる通りで、
現在、環境ホルモンや添加物、
遺伝子組み換えが人間界に対して急激な変化をさせています。
ユックリな変化だと人間も順応できるのですが、急激には無理です。
気が付けば、身体の異変に気が付きます。

ウイルスにも長時間で慣れてきたのですが、
狂牛病でもあれも単なる異種たんぱく質ですからね。
現在の食品に含まれている物質は異常に新しい物が増えすぎています。
自然の環境がよいのですが、これは難しいですね。

せめて、身体だけでも異物質に対応できるように、
整えて行きたいものですね。

カレン・カーペンターさんの原因が、摂食障害でしたか、
きっと、肺虚証タイプでしょうね、これが腎虚証になり、心虚証で亡くなります。
腎虚証で止めて、肺虚証に戻して挙げれば良かったですけどね~
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。