スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(5)陽性体質と病気

2012/11/05 Mon

肺虚証(5)陽性体質と病気

(イアン)
家族を説得して、またパン・レストランに行きました。

お腹の中が色々なパンだらけです。
前菜はコーンスープから始まり、

合鴨のハムにネギ添え。
鳥肉とネギは危険ですので、ネギは残しました。

mailサンマルク
メインデイッシュ乃ビーフストロガヌフです。

カタカナは嫌ですね~合っているかな?

mailサンマルク1
最後のデザートです。

満足しました~当分はここに来られません。

なにせ、家族でパンが好きなのは私だけなのです。

ブログ「北海」の工夫パンも美味しそうですよ~。
でもパンは熱量が高いので、肥満、血糖には危険です。


(井案)
肺虚証の陽性体質に入ります。

このタイプは男性が多いですね。

やはり呼吸量が少ないのです。

体毛も多いのですが、中に濃い人が居ます。

声は低くて、低音の魅力ですかね。

体系は痩せている人も大柄な人も居られます。

性格は自分だけ優れていると思い込んでいます。

これを唯我独尊とも言えます。

\(◎o◎)/!? ワガママーデスカー

一歩間違えてしますと、
周りに対して、気配りが出来ません。

そのまま我がままを通す人が多いようです。

この状態ですから世間の中では上手く行きません。

自分が空回りしていると思い込みます。

思うように行かないと気鬱になる傾向があります。

最後は自殺にまで進む可能性があります。

(-_-;)☛ イノチハ タイセツニ

この様な人は一般には、
二代目の社長といった感じでしょうか。

よって、肺虚証陽性の人は早く自覚してください。

基本的に肺虚証の人は頭が良いので、
自分の状態に早く気が付けます。

今までの自分の生き方を切り替える事が出来ます。

もし切り替えられない人は親離れしないことです。

親を会長にしていれば、自分は二代目社長として自由になれます。

✌(^_-)-☆ ビョウ ハ キッーィ

病気は基本的には肺虚証の陰性体質と同じです。

身体の外見にも係わらず、
喘息やアトピーもそれなりにあります。

エ~あの毛深い人が喘息~?という感じです。

また肺は東洋医学では

「肺は宣発(センパツ)、粛降(シュクコウ)を司る」とあります。

これは肺が水の上源とすることで、
宣発とは昇り発散させて行く事で呼吸の作用です。


粛降とは下に降す事です。
小便の元を作る事です。

よって、小便の病変も起きます。
☝(^_-)-☆ オシッコガ ヘン

疲れて体力が無くなると頻尿になる人は居ませんか?
これは膀胱炎の様な物もなります。

肺経病にハッキリと記載があります。

その他、小便に淡白や血液が混じる事も起こります。

血尿が起きても慌てないことです。

体質の場合も有りますからね。

幼稚園の園児に、
これで各医療機関を回り歩いて
来院されている場合がありました。

(Ian)
今回の「陽性体質と病気」の内容は如何でしたか?
または説明不足がありましたか?
今回は少し短く省略して1つにまとめました。

これで肺虚証の体質が終ります。
前回の傷寒論にこれだけ関心が集まるとは!
コメントに乗せられて、
次回は傷寒論の序文の続きを述べます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【(5)陽性体質と病気】

肺虚証(5)陽性体質と病気(イアン)家族を説得して、またパン・レストランに行きました。お腹の中が色

コメント

Secret

先生。こんばんは(^^)
パンレストランいいですね~一度、行ってみたいです(^O^)/

肺虚証の陽性タイプ・・
あまりお目にかかれませんし、想像つかなかったのですが
なるほど~イメージが湧いてきました!

肺の季節も終わりですね~間もなく立冬だとか・・

寒くなってきましたので、先生もどうぞお風邪など召されませんように。
次回のお話も楽しみにしてまぁす♪

一支国 さんへ

寒くなりましたね~
これから冬の季節の立冬です。

このパンレストランいいですよ、私は大好きですが・・・
家族は全員不評でしてね。
3ヶ月有効の1000円食事券貰ったのですがね~
キット紙くずになると思います。

券をそちらに送ってあげても
九州にはね~このパン屋は無いですね。
それよりも、九州の豚骨ラーメンやエゴが食べたいです。

男性の肺虚証は結構ありますよ。
しかし、気を付けないと、
不摂生から直ぐに腎虚証に成り易いのです。
腎虚証は老化ですから、
美男子も疲れると早老になるのですからね~
これまた大変です。

花の命は短いのでしょうね。
一支国さんも十分に気を付けてくださいね。
国立福岡センターで治療を受けて下さいよ~
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。