スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷寒論(8)貴重な生命

2012/12/05 Wed

傷寒論(8)貴重な生命

(イアン)
福岡の友人から懐かしい物が届いたのです。
恵比寿牡蠣
殻付きの恵比寿牡蠣です。

一部はすでに焼いております。

美味しいです。冬の季節を感じます。

福岡に居た頃に、近くに牡蠣小屋が建ちます。

自分で牡蠣を焼きながら食べる所です。

今は1kgが850円で15~6個入っているそうです。

恵比寿牡蠣2
焼いている場面も送ってもらいました。

小屋にお握りを持参して行くのです。

一緒に焼いて食べるのが実に美味しいのです。

近くならば、行ってみたいです~ワン

(傷寒論の序文の読み下し文)
百年之寿命を齎(もたら)し、
至貴(しせん)之重器(じゅうき)を持って、
凡醫(ぼんい)に委付(いふ)し、
其の措(お)く所を恣(ほしいまま)にする。
咄嗟、鳴呼、厥(そ)の身、已(すでに)に斃(たおれ)て、
神明消滅し変じて異物と為り、
重泉(じゅうせん)に幽(かすか)に潜(ひそま)り、
徒(いたずらに)に啼泣(ていきゅう)を為す。
痛ましい夫(かな)。
世を挙(あ)げて昏迷(こんめい)にして
能く覚悟すること莫(な)く、
其の命を借しまず、
是の若く生を軽ろんず、
彼れ何ぞ之を栄勢と云わん哉。


(井案)
傷寒論の序文の続きです。

百年もある貴重な寿命を天から授かったのに
つまらない医者にそれを託して、
勝手に振舞われてします。

何と情けない事でありましょうや。

現在はセカンドオピニオンがあります。

そんな事は無いと思いますが、やはり医者も人間です。

見間違いがありますので、他の医者にも相談が必要です。

大切な自分の身体を任せるのですからね~

((+_+)) コワイデス~~
所沢のある婦人科病院でも受診者の多くを
子宮ガンと称して手術をした病院がありました。

この婦人科に受診して最後の子宮摘出したご婦人を
鍼の治療した事がありました。

もう少し受診が遅れていれば、貴重な子宮も無事だったのにと
これこそ後の祭りですね。

でもやはり、手術となれば、セカンドオピニオンが必要です。

\(◎o◎)/! ガンバッテー
古典では続きがあります。

ああ~その自分は倒れて魂は抜けてしまい、
生きていた貴重な身体は異物となってしまったのです。

あの世に死体となって漂ってしまっています。

今までの自分の行為を嘆いて、
ただただ、泣いているだけなのです。

アルコール性肝障害で亡くなる
直前の患者が医者に対して

「何故もっと強くアルコールを止めてくれなかったのか」
と言われるそうです。

これは身勝手ですね。

(?_?)☛ ヘンデスネ 
自分の責任を医者の責任にしています。

アルコールの肝硬変で吐血した患者の
胃噴門部の食道静脈の造影写真を見ると、

血管がぼろぼろの状態なので
何時再発してもおかしくない状態です。

こんな事で大切な命を粗末にします。

更に序文は続きます。

世の中の人は自分の健康と名声とを区別が出来なくて
ただ混乱をしているのです。

若さや健康を軽んじています。

栄勢を得ても何のために成るのでしょうかね?
と続いています。

人は病気をして初めて健康のありがたさを感じます。

自分だけは大丈夫と思ってはいけませんよ。

(Ian)
人間の進化一番重要な物は発汗であると言われています。

この発汗は東洋医学でも治療には必要な物ですし、
皆さんの身体の健康維持にも大変に大事な事です。

この事に付いて話を進めます。

¬((・_・))¬ メガ、テン
最近は特に寒くなってまいりました。

寒気団が大陸から押し出して来ているかのようです。

寒さには動物は大変です。

水中はそれほどの温度の変化が無いので
魚類などは体温調節がいりませんが、
トカゲや蛇など変温動物は体温が低下して動けなくなります。

温度により細胞の活動が変わるからです。

これでは活動に大変に不便です。

(>_<)з ウゴケナイ
そこで哺乳類は恒温動物となって、
体温を一定に保とうとしております。

しかし、この恒温動物体温の維持には
酸素と栄養素が大量に必要となるのです。

(^・^) ハラヘッター
また、熱の発散で最大に有効なのは発汗になります。

原始時代は人類が動物を捕まえるのには
多くは耐久レースをしていました。

動物は足が速く素早く逃げますが、
人は足が遅いのですが、長期間走れます。

それは運動による発熱を発汗で放散できるからです。

(^_^;)"(^_^;) アツイヨー
逃げた動物は体温が上がり過ぎて、
熱中症のような状態になり動けなくなります。

人間は大丈夫です。

発汗の冷却装置が働いているからです。

最後は熱中症で倒れている動物を捕獲いたします。

✌(^_-)-☆ タイリョクガ ショウブ
では発汗が少ない恒温動物はどのようにして
体温をいかに下げているのでしょうか?

次回はIanが動物に成って考えたいと思いますニャん。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは(^^)

寒気団がやってきておりますね~(>_<)
こちらも雪がちらちら・・
寒いとお腹が空きます(^^;
私も数年前、長崎方面の牡蠣小屋に行きました。
季節の風物詩ですね。

発汗って大事なんですね!
次回のお話も楽しみにしています♪

一支国 さんへ

関東も寒いです。しかも乾燥状態です。
きっと冬型の気圧配置でしょうね。
金曜日に長い地震がありました。
治療院であたふたでしたが、幸いに無事でした。

お腹が空くと寒くなりますね(^_-)-☆
寒いと身体が温まる物を食べたいです。
たんぱく質が多い食事は暖まりますが、
塩が多いとこれも暖まります。
しかし高血圧が心配ですね。

No title

発汗が大切な理由が改めて分かりました。
だから風邪でも、発汗させなれば、内攻してしまうんですね。

所で…人間以外の恒温動物…
さて、犬などは、口でハァハァと、息をして、肺で体温を下げているように思いますが、どうでしょう。
次回もブログも楽しみにしております。

白い月の風さんへ

人が折角勝ち取った進化の賜物です。
傷寒論もこの発汗を重要視しています。
この発汗は普段の生活でも十分に活用できます。
100年の宝を貰って生まれたのですから、
発汗を上手に使って、身体の健康を維持したいですね。
ハアハア・・・ワンちゃんは暑いと大変ですね(笑)

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。