家族の健康を守る。

2010/07/01 Thu

前回の主婦ハイジさんの行動が、
熱中症防止と夏バテ防止に毎日スイカを食べる事よりも、
良かった行動を検証しましょう。

「スイカを一口大にカットしておくのですが、
とても足りないので、赤い部分は家族に、
私はカットする際に、限り無く白い部分を食べております。」
の中にあります。

それは「この限りなく白い部分」です。
推察するのには重要な語句になります。

スイカが多いと白い部分までは食べさせん。
しかもこれは毎日食べられておられるので、

良い所の1つには毎日少しづつ食べている事です。
多くの方は多く食べると、効き目が良い
と思われますが、これは全く違います。

多く食べて、直ぐに飽きるのが日本人の特性のようです。
某テレビでココアが良いとなると売り場からココアが無くなる。
何々が良いとなると、突然に売切れてしまう。

しかし直ぐに飽きてしまい、誰も買わなくなる。
日本は実に平和ですね。

良い所の2つ目が重要です。
家族の健康を考えて、
少しでも良いところを食べさせて挙げたいという心です。

この気持ちが主婦ハイジさんを健康にしているのです。
これは我々治療家もこの気持ちが必要です。

道理で良い治療家は病気に囲まれていても、
常に元気な筈ですね。
しかし、これは普通の体力が在る場合です。

私が時折風邪を引くのは未だ修行が足りない為か。
それとも私の体力が無いのか
「ゴホン、ゴホン」ほら~ね!
ここは納得致します。修行か体力かはね。

学校の授業の様に本来の表皮常在菌から、
随分と道が外れてきました。
次回でそろそろ「表皮」に戻ります。
スポンサーサイト

コメント

Secret

思いやる心

そうですか~。スイカを食べているという行為の中で特に良い所、
という出題だったのですね。問題が読めませんでした。

毎日少しずつ、飽きずに食べ続ける、これは中々出来ない事です。
先生のお書きになったように、「あれが良い」と聞けば、
すぐにそれを買いに走って、スーパーの棚からそれが無くなるという現象が起きる、至って平和な国柄ですから。

それから、家族に「より美味しい所を食べさせたい」という、真摯な心、これも中々出来ない事かも知れません。
「自分が」という我が出てきて、謙虚な気持ちで家族に接するという「お母さんの鑑」も少なくなっている時代です。

治療家として、二つとも、大きく考えさせられました。
「継続は力なり」という事、
そして何より、「体力が続く」という事。
まず自分が健康であることで、患者さんを治してあげられるのに、
自分を振り返ってみると、誠にお恥ずかしい事ばかりで、
穴があったら入りたいとは当にこの事だなぁと感じています。
思いやりの心と体力を養う事、
この夏は根本から見直し、しっかりと身につけねばならないと、
心の底から思った事です。
良い話をありがとうございました。

s素晴らしい

ハイジさんは主婦の鏡のような人ですね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR